BULLET'S

2017年1月

🍵 【 J-POP LOUNGE 〜日本語ナイト〜 】

1/6(Fri)_1
🍵 【 J-POP LOUNGE 〜日本語ナイト〜 】

19:00〜23:00
¥フリー&フリーお書き初め🎍

DJ>
🍵hitch
🍵Kensuke Fujita
🍵WESTCLOX
🍵ROVA
🍵HARRY:淑蘭◎
more!?image

【 ちょい遅ナイト 〜60BPM to 90BPM〜 】

image1/6(Fri)_2
HARRY:淑蘭◎ & sayatec presents
【 ちょい遅ナイト 〜60BPM to 90BPM〜 】

23:00〜7:00?
¥フリー
▼イベントページ▼
https://m.facebook.com/events/1825975710991326


DJ>
KLO[TIGER HOLE]
来夢来人[愛棒]
ELEG
DOPANT[Heroin House]
Takashi Kojima
ga↑cchan [PARTY PARADISE GALLERY]
sayatec[Transfigure]
HARRY:淑蘭◎[BULLET’S]

【 minimal dek new year party 】

1/7(Sat)
【 minimal dek new year party 】

20:00〜5:00???
¥フリー&おつまみ酉(鳥フード)🐓🍗
(フードのお持ち込み大歓迎❣️)

▼イベントページ▼
COMING SOON!


ACT>
yousuke kaga (etwas Neues) _LIVE
KAZUE(BLACK RAIN)
aimi
Junichirou Gotou
DJ FGR
Ayako nakazawa
Rie Shibuya
image

【BULLET’S】マシンライブ/DJ/DTMワークショップ 🎛📻🔌🔧 ___毎月第1(日)__

💿DJ練習したい方も募集中💿今回も朝11時スタート‼️
▼
1/8(Sun)_1
【BULLET’S】マシンライブ/DJ/DTMワークショップ 🎛📻🔌🔧
___毎月第1(日)__ 



11:00〜16:00

¥1500(1D)

▼イベントページ▼
https://m.facebook.com/events/217059455369026/


▽
シンセサイザー、サンプラー、ドラムマシンなどハードウェア機材を中心に
DJプレイや楽曲演奏を行なうパフォーマンス「マシンライブ」。
従来の電子音楽家とDJ、DAWを使ったDTMミュージシャンが
融合する事ができるムーブメントとしてアンダーグラウンドの注目を浴びています。
スタート以前の環境選びからベテランのインスピレーション喚起に至るまで、
同じ課題を持つ人達が集まって遊びながら学んでいくワークショップです。



▽

▼パーティーレポート▼
http://rudeloops.jp/wp/archives/722

▼FBページ▼
https://www.facebook.com/bullets.workshop?ref=ts&fref=ts


▽
REGIDENT>
◉ryotakojima (RUDELOOPS)
◉RYOHA
◉gravizaava
◉kuriyura-mono [くり返しと、揺らぎと。]

▽

◯DJ

・全くの初心者だけどジャンルの選定から相談したい

・CDJからアナログやPCDJに移行したい

・純粋に練習したい、Back to Backをしたい



◯DTM/トラックメイク
・ソフトや設備、環境選びから相談したい

・自作した曲をクラブのサウンドシステムで聴いてみたい

・曲をリリースしたい

▽

◯マシンライブ(ハードシンセ、ドラムマシン等)

・買ったはいいけど使い方が分からなくて困っている

・複数の機材で他の人とセッションしたい

・DJプレイや楽曲制作に取り入れたい



▼
などなど様々なご要望に応じます。

▽

▽

◯レジデント



◉ryotakojima (RUDELOOPS)
DJ/トラックメイク/インディーズレーベル【RUDELOOPS】主宰。
http://rudeloops.jp/wp/
シカゴハウス、EU産ダブ、ミニマルテクノをエッセンスとして
自身のテーマ「ジャンクヤード・マシンミュージック」を演出。
16年のDJキャリアを経て音楽よりもツマミが好きな性癖に気がついてしまい、
シンセガジェットの制作に挑むも自身は只のジャンクになりつつある。

▽


◉RYOHA
ビンテージシンセマニアにしてモジュラーシンセプレイヤー、
モジュラーシンセに有り得ない装置を施工する変態ギミック製作家。
圧巻の迫力を誇る自作モジュラーを担いで行なう独特のプレイは
オーディエンスのド肝を抜く。いずれはノイズの轟音と共に空を飛ぶ予定。


◉gravizaava
MachineDrumとAnalogKeysを駆るキーボーディストにして唯一の常識人。
他プレイヤーやDJとのセッションもこなす(ある意味)純粋なミュージシャン。


◉kuriyura-mono [くり返しと、揺らぎと。]
ベーシストによるソロプロジェクト。
2014年9月に始動。くり返しと、揺らぎと。(kuriyura)のコンセプトである、『”くり返し×揺らぎ”を要素技術として作品を制作し続ける。』を電子機材を中心にして表現する。

image

【 おもしろダークネスvol.11 】👤👥🗣🕳🗿🏴💬 ___ 奇数月第2(日) ___

image

1/8(Sun)_2
【 おもしろダークネスvol.11 】👤👥🗣🕳🗿🏴💬
___ 奇数月第2(日) ___

@⭕️ブレッツ⭕️ http://www.bul-lets.com

17:00〜22:00
¥2000(1D)

http://boolnet.tumblr.com/

https://mobile.twitter.com/OMOSHIRODARKNES 
▽

LIVE/DJ>
▲BOOL
▲秘密結社MMR
▲canooooopy
▲soejima takuma
▲るなてん
▲ひなたぴた
▲HiBiKi MaMeShiB
▲春太郎
▲Takuya Nishiyama 
▲お尻水産 presents クイズ誹謗中傷
⬇︎
⬇︎
===================
ポエムコアのオリジネーターBOOLの提唱する新概念「おもしろ」+「ダークネス」=「おもしろダークネス」を実体化したパーティー11弾!
レギュラー陣に加え
ヒップホップ業界初の童貞応援CREW 秘密結社MMR、21歳の幼稚園児はちゃめちゃアイドルユニット るなてん、100%サンプリング製法、使用機材はGarageBandのみのトラック
メイカーcanooooopy、福岡出身の音楽家 PROGRESSIVE FOrMからデビューアルバムを発表したsoejima takuma、
今回ポエムコアを取り入れたDJスタイルを披露してくれる ひなたぴた、お尻水産による特別企画 「クイズ誹謗中傷」とバラエティーにとんだ内容で開催します。

💄【 恥ずかしいNewWaveNight 〜NewWaveでNewYear〜 】👠

1/9(Mon)祝日㊗️
💄【 恥ずかしいNewWaveNight
〜NewWaveでNewYear〜 】👠

14:00〜19:30
adv:¥0+1D order
📧予約 info:kaoganai@gmail.com
day:¥500+1D order
▼イベントページ▼
https://m.facebook.com/events/353296111705918


DJs/paformance act>
りむ(pays*des*fees)
Zono pansy (Club WALPURGIS)
小川直人(ギ酸/餓鬼道)
Masahide Fujii
顔がない
Belle
ホシカワアカリ
KIZOKU a.k.a Shinpei Morishige(FOXPIL CULT/lowtide/DEADLiES/bi・zarre・ly…etc)

VJ:顔がない


世間的なNEWWAVEリバイバルはテクノポップやギターポップグループのスタイリッシュでちょっと外したセンスがキュートでお洒落☆みたいな認識だが、それはファッション雑誌がしかけた陰謀ともいえるイメージです。

本来のNEWWAVEは大航海時代の如く音楽的冒険と実験に満ち溢れたものであり、1970〜1980年代当時の若者は皆、我こそは時代の先駆者と言わんばかりにオリジナリティを追求し、新たな音楽ジャンルを開拓しながら時代の最先端に拘りました。

しかし、やり過ぎなルックス・パフォーマンス・謎の迷言を音楽誌で晒しまくった挙句、流行の終焉時にただ恥ずかしいだけの黒歴史が残ってひっそりとタンスの奥にしまっておくのでした。

そして、その黒歴史は2000年代に後追い世代を名乗るナゾの引きこもり達によって掘り起こされ、勝手にシンクロ率高めに意識しまくってアンダーグラウンド音楽シーンへ返り咲いた。

っていうか、別に恥ずかしくないし!
恥ずかしがる方が恥ずかしい!

貴重なカセット音源、レコード、80年代当時の雑誌、ライブレコーディング、ビデオテープ、近代のNEWWAVE的テイストを持ったグループの情報と「絶対に大吉なNEWWAVEおみくじ」などの物販を用意する予定。

バッキバキに決めたファッションでお越しください。

そんなDJイベントです。image

MONTHLY SCHEDULE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • TO OLDWEB
  • ▲トップに戻る