BULLET'S

小林径 i n●▼■ EXPERIMENTAL LOUNGE vol.27 ●▼■ _毎月第2(水)_

imageimage

‪⚗🔬🌡🗜⚖実験ラウンジ⚗🔬🌡🗜⚖‬
⬇︎
9/13(Wed) 
小林径 i n●▼■ EXPERIMENTAL LOUNGE vol.27 ●▼■
_毎月第2(水)_

@⭕️西麻布 BULLET’S[ブレッツ]⭕️
http://www.bul-lets.com

19:00〜23:00
¥1000(1D)

DJ>
⚗小林径
⚗100mado〈Back To Chill〉

⚗macotone
⚗koichi nakaie〈akisai〉
⚗maro

⚗HARRY:淑蘭◎〈BULLET’S〉

●▼■ ●▼■ ●▼■ ●▼■ ●▼■ ●▼■ ●▼■

ここ数年、小林径氏の新しい音世界に注目して来たブレッツではダエンレーベルとの共同企画でイクエモリさん等と共演の際に出演して頂いてから伊東篤宏 presents …..【TRONITO】などへも度々出演して頂いておりますが、

その選曲とスタンスはまさにブレッツもおし続けている<NON GENRE>同様、『既存のスタイルに全くと言って良いほど寄ることなく、様々な音を自由に重ね、重ねず、

”突然始まり突然終わりは当たり前”、

一音一音がどの方向へ飛んで行ってしまうか全く謎!!』な最高の展開で、

いつも「1音目」から大注目しています。
●▼■ ●▼■ ●▼■ ●▼■ ●▼■ ●▼■ ●▼■ ●▼■

⬇︎
⚗小林径
⬇︎
クラブ黎明期から活躍する東京を代表するSelectorの一人。90年代は初期レアグルーヴのオリジネーターとして活躍。
また、アルバム『routine』がドイツ99recordより世界発売、世界中で絶賛される。2000年代に入るとコンピレーション『Routine Jazz』シリーズが記録的なセールス。
またGiles PeatersonのWORLDWIDEで特集も組まれるなど、高い評価を受ける。さらに近年は大幅にイメージをチェンジ、LEFT FIELDをキーワードに、実験性に富んだ表現スタイルを追求。昨年の春にリリースした最近の集大成とも言うべきCD,
「Whole lotta shakin go in on」は「2016年のペットサウンズ」と言われるほど各方面から評判が高く、その新境地は早くも音楽マニアの間で絶賛されている。

💿引き続きブレッツにてMIX CD販売中!!

MONTHLY SCHEDULE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • TO OLDWEB
  • ▲トップに戻る