BULLET'S

【 MAXimized at Bullet’s ~ 僕らはブレッツで大きくなった 】

⭕️渋谷慶一郎 ⭕️evala ⭕️徳井直生
⭕️古舘健 ⭕️松本昭彦 ⭕️國本怜

CC012F1C-2C53-4CBA-B06C-02430A0FB158

2/20(tue)
【 MAXimized at Bullet’s
~ 僕らはブレッツで大きくなった 】

19:00-
¥2000+1D オーダー (前売りなし/当日のみ)


LIVE>
⭕️渋谷慶一郎
⭕️evala
⭕️古舘健
⭕️松本昭彦
⭕️國本怜

DJ>⭕️徳井直生


*オールナイトのイベントではありません。
*来場者多数の場合、入場制限を行う可能性があります。


⭕️⭕️⭕️
突然もたらされた「西麻布Bullet’s3月いっぱいで閉店」の報は、ミュージシャンやクラブ関係者に大きな衝撃を与えた。

中でも2000年代前半にラップトップを使って新たな電子音楽を作り始めたアーティストにとって、Bullet’sは自分たちを育ててくれた場所だったため、埋めようのない喪失感を表明するツィートがタイムライン上に次々と流れていった。

そんな共通の思いを持ったアーティストが集まり、2月20日(火)にBullet’sでイベントを開催する。題して「MAXimized at Bullet’s~僕らはブレッツで大きくなった」。

出演は渋谷慶一郎、evala、徳井直生、古舘健、松本昭彦、國本怜という、いずれも現在の電子音楽/メディアアート・シーンをリードする存在ばかり。

彼ら6人があらためてBullet’sに感謝の意を示すべく、渾身のパフォーマンスを披露する……。

http://www.bul-lets.com


_____ TIME TABLE _____
C114DB81-17DC-4D60-A759-F07EA4F33DAD


■出演者プロフィール

⭕️渋谷慶一郎
SHIBUYA Keiichiro
1973年生まれ。音楽家。
東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。
2002年に音楽レーベルATAKを設立し、自身の作品を含む国内外の先鋭的な電子音楽作品を紹介するほか、代表作であるピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』もリリース。
また映画「はじまりの記憶 杉本博司」、ドラマ「TBSドラマSPEC」など映画・TVドラマ・CMの音楽も数多く担当。2012年には初音ミク主演による映像とコンピュータ音響によるボーカロイド・オペラ「THE END」をYCAMで発表。
2017年5月にはパリ・オペラ座でダンサーとビデオ・アーティストチームとのコラボレーションによる「Scary Beauty」のダンスバージョンを発表。
また同年9月に、アンドロイドとオーケストラによるモノオペラ「Scary Beauty」をオーストラリアで初演。10月には高野山で声明とコラボレーションするなどさまざまな試みを行っている。
198A2825-D039-4A1F-951D-51832F4D1BC9


⭕️evala
音楽家、サウンドアーティスト。先鋭的な電子音楽作品を発表し、国内外でインスタレーションやコンサートの上演を行う。2016年より「耳で視る」という新たな聴覚体験を創出するサウンドプロジェクト「See by Your Ears」を推進。暗闇の中で音が生き物のようにふるまう現象を構築し、サウンドアートの歴史を更新する重要作として各界から高い評価を得ている。また舞台、映画、公共空間において、先端テクノロジーを用いた多彩なサウンドプロデュースを手がける。最近では、1月にロサンゼルスで発表した、Sonyとのコラボレーションによる576chのスピーカーを使用した立体音響インスタレーション『Acoustic Vessel “Odyssey”』が大きな話題を呼んでいる。
http://evala.jp
6D3BC85A-9B5E-4948-ACAD-F8A3C7D9A93A


⭕️徳井直生
TOKUI Nao
大学在学中から人工知能の研究に従事するとともに、DJ /アーティストとして活動。Bullet’sのWebサイトの運営に携わる。Bullet’sでの出会いをきっかっけに2002年にファーストアルバム「Mind the Gap」をPROGRESSIVE FOrMよりリリース。Tokyo Max Users GroupをはじめさまざまなイベントをBullet’sで開催。Qosmo代表。
24F8AE91-11F3-4A4C-ADBE-779CB8B1CBA5


⭕️古舘健
FURUDATE Ken
1981年神奈川生まれ、京都在住。アーティスト、プログラマー。近年では、384台のスピーカーと自作電子回路を用いたサウンド・インスタレーション(青森 2018-)、西陣織の技術とコンピューティングを組み合わせた全く新しい織手法の開発(山口/京都 2017-)、レーザーやプリント基板技術を用いた平面的な彫刻作品など。2002年よりサウンドアート・プロジェクトThe SINE WAVE ORCHESTRA(SWO)を主宰。国内外、さまざまな展覧会にて作品を発表。SWOとしての最近作は2017年YCAMでの「Vanishing Mesh」展における大規模な3つの新作インスタレーション。他、Dumb Type・高谷史郎をはじめさまざまなアーティストの制作に参加。ミュージシャンとして近年の主なパフォーマンスとして「恵比寿映像祭」(2016)、「Knowledge Capital Festival」(2015)、「Kyotographie」(2014)、「Sonar Sound Tokyo」(今西玲子とのコラボレーション 2011)など、フェスティバルを中心にハードコアなドローンを演奏。初ライブは2000年にBULLET’Sにて。
3A87D4DF-BF9C-40EC-97FA-BF3769C17EB3


⭕️松本昭彦
MATSUMOTO Akihiko
音楽家・プログラマー。東京藝術大学大学院にて修士号を取得後、東京大学工学部研究員を経てアーティストとして活動。2016年アルゴリズム作曲や電子音響処理技術を駆使した最先端のピアノ曲集となる1stアルバム 「Preludes for Piano Book1」をリリース。自作のほか様々なアーティストの美術、メディアアート作品の展示にMax/MSPプログラマーとして関わる。また、大学、学会等で専門分野であるアルゴリズムと作曲に関する講義、講演を行うほか、先駆的クリエイティブのワークショッププロジェクトであるRESONANCEを主宰し、音や芸術に関する教育活動も積極的に行なっている。技術者としても大学、放送局、自動車メーカーの研究機関のためのプログラム開発も行い、雑誌PROSOUNDにて音とテクノロジー、芸術に関する連載を持つなど近年は幅広い創作活動を行なっている。
http://akihikomatsumoto.com/
D8A4BC84-4CE2-4E32-B1F0-F852B406F8C1


⭕️國本怜
KUNIMOTO Ray
1991年、NY出身。Brooklyn, NY在住。アーティスト/作曲家。慶應義塾大学文学部美学美術史学科卒業。作曲家としての楽曲提供・演奏活動と並行し、国内外のインスタレーション作品において作曲・サウンドプログラミングを手がける。空間音響設計も含めた、あらたな音楽体験を創出する。
F1088673-479C-4609-A2BF-D58BF844C515

MONTHLY SCHEDULE

  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • TO OLDWEB
  • ▲トップに戻る