July 2014 Monthly Schedule

previous month / next month

ブレッツは・・・
((( 出入り自由 ・ 赤いカーペット、ベッドやソファーでくつろげる ・
 お食事やソフト&ホットドリンクも充実 ・ いろんな形のパーティがOK )))な自由空間です!

7/2 (WED) 【valvelounge】
__毎月第1(水)__
7/3(Thu) 4(Fri) 5(Sat) 【OptiSoniX JINMOの音楽と絵画展】
7/9(WED) 【TumbleFish】
_毎月第2(水)_
7/10(THU) 【Cafe de mol chein】_毎月第1(Thu)_
→★今回はイレギュラー
7/11(FRI) ▶▶▶ 毎月の【出演者募集】◀◀◀ブレッツ presents【BULLET'SEN ブレッツェン_vol.78】
_毎月第2(金)_
7/12(SAT) 【放課後18時 vol.07】
_毎月第2(土)_
7/14(Mon) 【伊東篤宏 presents...TRONITO vol.37 】
7/15(TUE) 【MUSIC SHARE#25】
_偶数月第4(火)_奇数月第3(火)_
7/16(Wed) 【Indian and Bollywood Music Night】
7/17(THU) 【Synthesmic #31"-HULA HONEYS JAPAN TOUR 2014-】
_毎月第3(木)_
7/18(Fri) 【Elektron System Exclusive Vol.5】- Summer Of Rytm -
7/19(Sat) 【百姓レコーズ Presents クラブ甲子園 Vol.2】ベース大付属 VS ヒップホップハイスクール
7/22(TUE) 【分解系なお茶会】
__奇数月第4(火)__
7/23(WED) 【そこにある日々】
__毎月第4(水)__
7/24(Thu) 【Cafe de mol chein】_毎月第1(Thu)_
→★今回はイレギュラー
7/25(Fri)_1 【Base0】
7/25(Fri)_2 【S4SPL PARTY】
7/26(Sat) BULLET'S presents【色々あって・・・07 <アースカラー>】
8/2(Sat) BULLET'S presents 【色々あって・・・08 <黒色_BLACK_>】         × 【~●●~ GLASSUNDAY_グラサンデイ~ ▲▲~             feat .タモリ生誕祭 ~■■~ 】

((( 【 箱代フリー 】■6/9(月)10(火)12(木) )))

【 箱代フリー &ディスカウント】日程と料金を更新しました!

____7/23~の状況です __((( 週に約2回更新中 )))__
■7/28(月)29(火)30(水)________通常¥16000 ▶【 箱代フリー 】
■8/1(金)____________通常¥65000 ▶【 箱代フリー 】
■8/3(日)____________通常¥52000 ▶¥1万
■8/4(月)5(火)___________通常¥16000 ▶¥2000
■8/10(日)___________通常¥52000 ▶¥2万
■8/12(火)14(木)__________通常¥16000 ▶¥6000
■8/15(金)___________通常¥65000 ▶¥25000
■8/16(土)___________通常¥65000 ▶¥3万
■8/17(日)___________通常¥52000 ▶¥3万
■8/18(月)19(火)__________通常¥16000 ▶¥9000
■8/22(金)___________通常¥65000 ▶¥35000
■8/23(土)___________通常¥65000 ▶¥4万
■8/24(日)___________通常¥52000 ▶¥4万

 

これ以降は空き日もありますが、今現在まだ【通常料金】となっています。
お問い合わせは全て info@bul-lets.com まで。

[基本的にフルドラムの使用はNGとなります]_ミニドラムはOKです。

●●●【箱代フリーの場合】●●●
以下のどちらかをお選び頂けます。

A : エントランスフリー、ノーノルマ、ノーバック。
or
B : エントランス料金ありの場合、
   料金設定はお任せしますが、
   ドリンク代 [1D=¥700] 以外の部分をブレッツと折半。
   もし¥1500(1D)ならお客さん1人入るごとに、1500-700=800÷2=¥400ずつ。
●●●【ディスカウントの場合】●●●
[エントランスのトータル額] ー
  [保証金額 +エントランスから出たドリンクのトータル金額(¥70 0×出たチケット枚数)]
この計算式の結果が...
+であればその額をBACK。 -であればその額をお支払い頂きます。
_ ブレッツではエントランススタッフをイベント側にお願いしております。ご了承下さい。

7/2 (WED)

【valvelounge】__毎月第1(水)__

ALL
19:00~23:00
●●●エントランスフリー●●●


DJ>
◀Takashi Himeoka [RORA/Ada Kaleh România]
◀Kazuki Muraoka [Adapt Records]
▲Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]

and more

 

DJ×DJ×DJ 三本の線が交錯し、拡散する。
http://valvelounge.tumblr.com/

 

◀Takashi Himeoka [RORA/Ada Kaleh România]


京都出身、現在は東京在住。
あらゆる生成物、造形、表現、経験の内部に介在するミニマルという形式と運動を端緒にして 活動している、プロデューサー/DJ。音像とグルーヴの可能性を探求中。
2014年、スイスのレーベルRORAより、デビュー作となる”TAMAYURA EP”をリリース。 ドイツのオンラインストア、Decks
RecordsのTechnoチャートにて1位を獲得する。
今夏には、ルーマニアのAda Kaleh Româniaより自身初のRemix作品をリリース予定。
彼の楽曲はSepp,Zefzeed,Ada Kaleh,Dragosh,Roraprod,Juju Marghilano,Jun
Akimoto,Raha など数多くのDJ達にサポートされている。
https://soundcloud.com/takashi-himeoka
http://www.residentadvisor.net/dj/takashihimeoka

◀Kazuki Muraoka [Adapt Records]


北海道札幌市出身、神奈川県在住。
Adapt Records主宰。
インストゥルメンタルバンドの活動を経てコンピューターミュージックへ転向。
90年代のTechno, Hip-Hop,
Noiseなどに影響を受けダンスミュージックを独自の視点から解釈。アナログ機材、自作ソフトウェア等を使用し様々なサウンドをコラージュする。
2013年にアナログEPをリリース。
関東を中心に、札幌、大阪などでも活動を行う。
Adapt Records :
http://adaptrecords.com/
Soundcloud :
https://soundcloud.com/kazuki-muraoka

▲Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]


東京在住。
幼少時にバイオリンをはじめ、後にギタリストとしてアーティスト活動を開始。
自身が参加するバンドへのコンピュータ導入をきっかけに、
2007年から電子音楽の制作を始める。
“無機物が有機的に織り成す空間”をコンセプトに、ストイックであり微細な生命を感じるトラックを手掛ける。 DJとしても稀に活動している。
http://www.hz-records.com/

【VALVE LOUNGE】毎月第1(水)をKazuki Muraoka[Adapt Records] と共に主催。

http://valvelounge.tumblr.com/

 

▲Back

7/3(Thu) 4(Fri) 5(Sat)

【OptiSoniX JINMOの音楽と絵画展】

音楽/絵画/TALK
19:00~23:00

1日券¥3800/2日券¥7000 /3日券¥10000 (各日要ドリンク代¥700)

当日人数多数で会場に入れない場合がございます。
事前予約をおすすめいたします。

予約は moi@jinmo.com まで
主催  Avant-attaque、office moi
協力  スカラ株式会社
連絡先 office moi
メールアドレス moi@jinmo.com

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/909745352388444/
?ref_dashboard_filter=upcoming

全日程
LIVE▶▶▶JINMO◀◀◀

TALK>

7/3▶能勢伊勢雄(PEPPER LAND)_写真家、美術評論家

7/4▶小倉正史_美術評論家

7/5▶山田聖子(靖山画廊代表、株式会社アートジャパン代表取締役、ギャラリスト)

 

3日間毎日異なる演奏、そしてゲストトークを開催します!

 

■企画概要

視覚芸術と聴覚芸術は本来未分化の領域のものであり、芸術が産業化した経緯の中で文化的に分化されたものにすぎない。“OptiSoniX
JINMOの音楽と絵画展”では、視覚芸術、聴覚芸術、に分化されることなく相互に浸透し合いながら作品の鑑賞・体験が可能である。また、会期中では現代美術を語る上で重要な3人がJINMOの作品について言及するトークイベントを開催する。さらに、ギャラリータイムにて最先端技術を用いたデジタル顕微鏡で作品を鑑賞する機会も設ける。

■Sonic ART

JINMOによる経頭骸直流刺激(tDCS)を行いながらの無伴奏ギター独奏。演奏内容は3日間とも異なる。

注) tDCS:電極を用いて頭皮の上から軽い直流電流を流して脳の部位を刺激すること。脳神経の活動を活発化されることが可能で、近年では脳卒中、うつ病等の多様な治療の研究、脳梗塞を起した患者のリバビリに用いられ成功を収めている。

■Optic ART

極微細書画nanoZen未発表新作3点と、記念碑的大作“知覚の扉”を含む、多数のnanoZen作品を展示。スカラ株式会社からの協力により、最先端技術を用いたデジタル顕微鏡にて鑑賞可能。

注) nanoZen:
1単位30ミクロン(人間の白血球とほぼ同じ大きさ)で描かれたJINMO独自の表現による書画。

■アーティスト・ステートメント

『ディテールとはミクロに凝視するなら、常にカオスであり、その渦中に神は宿る。階調・乱調をエントロピーの問題として捉え、混沌とはそのエネルギー、生命力、芸術的純情の発揮の証左とするならば、大杉栄よ、現代に於いてはより深刻に、美はもはや諧調にあらず、ただ乱調にありて、混沌に於ける只管の紊乱の中に我が"天的嗣業"の発火は指し示されている。諸君、カオスにて逢おう。カオスにて待っている。』(JINMO)

 

▶▶▶JINMO

2014年5月現在までに、ソロ・アルバムだけでも170 作品をリリース。近年の代表作に、文化庁文部科学省により第63回 (平成20年度)
芸術祭参加作品に選定された"Ascension
Spectacle"がある。ギター奏者としては、特殊奏法や尖端機器を多用した特異な無伴奏ギター独奏のスタイルにより、精力的な演奏活動をおこない、国内はもとより海外
(アメリカ、イギリス、ロシア、ドイツ、オーストリア、オランダ、スイス、デンマーク、ベラルーシ等)でも数百回に及ぶ公演をおこなっている。

また、2006年サンディエゴ現代美術館にて開催された国際デジタル芸術展"Art Of Digital
Show"での作品展示、第30回フィナール国際美術展でのキャロリーヌ・リー賞受賞など、多岐に渡った活躍で今後の展開が期待されている。

 

■トークゲスト経歴_______________________________

7月3日出演

▶▶▶能勢伊勢雄(写真家、美術評論家)

ライブハウスPEPPER LAND設立・主宰。アンダーグランドミュージック&カルチャーに精通。1978年より松岡正剛氏が提唱した「遊学」をもとにする研究「遊会」を開始。”X-COLOR
グラフティ in Japan”(水戸芸術館、水戸、2005年)企画をはじめ、美術展の企画協力、作品出品多数。主著・共著に「スペクタル能勢伊勢雄
1968-2004」(和光出版)、「INSIDE OUTSIDE 」(UPLINK刊)、「新・音楽の解読」(DUBooks刊)等。

 

7月4日出演

▶▶▶小倉正史(美術評論家)

国際美術評論家連盟会員。1994年にフランス共和国芸術文化勲章シュヴァリエ賞受賞。“大地の魔術師たち”(ポンピドゥー・センター、パリ、1989年)の企画協力、“サルキス
Zone 展”(北関東造形美術館,前橋、1994年)“杉本博司展”(カナダ大使館ギャラリー、東京、1996年)など美術展企画多数。共著に「現代美術
アール・ヌーヴォーからポストモダンまで」(新曜社)等。翻訳にアンドレ・レスレール「アナキズムの美学」(現代企画室)、ブレーズ・ガラン「芸術からの解放」(青弓社)等。

 

7月5日出演

▶▶▶山田聖子(靖山画廊代表、株式会社アートジャパン代表取締役、ギャラリスト)

共立女子短期大学卒業後、出版社、企画会社を経て、1996年株式会社アートジャパン設立。2004年銀座7丁目に靖山画廊を開廊。その後2010年銀座5丁目に移廊。現在に至る。確かな審美眼により数々のアーティストを世に送り出す。また、現在、銀座のギャラリー約40軒で組織された任意団体“銀座ギャラリーズ”の理事であり、その活動として「美術と教育を考える会」など日本における“美術と教育”の今後のあり方を問うレクチャー・シンポジウム等を企画開催している発起人のひとりでもある。

 

 

 

 

▲Back

7/9(WED)

【TumbleFish】_毎月第2(水)_

HOUSE,TECHNO,NU DISCO,and ALL UNDERGROUND MUSIC
19:00~23:00
●●●エントランスフリー●●●

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/507854625981064/

◆◆◆GUEST DJ>T.B.A

◆◆◆ Organize>ryota kojima

◆◆◆ Photograffer>Tatsuya Iwama

◆◆◆ resident DJ>Nao Yamamoto

▲▲▲ DJ ・Photographer ・ポートレートモデル 募集中 ▲▲▲

tumble fishはDJもカメラマンも自由参加制のフリースタイルパーティです。
予定が合った時に遊びに来て頂いて、気の向くままに回して撮って呑んで下さい。

四つ打ち縛りのBack to backやカメラマン同士でポートレートの撮り合い、
初心者とベテランの交流からワークショップなどなど、
クリエイティブ気質を刺激するアイデアを用意しておきます。

○募集要項
・DJ
ラウンジプレイの出来る方。
CDJ/アナログ/パイオニアDJM(PCDJは要相談)

・Photographer

iPhoneからフィルムカメラまで機材もキャリアも問いません。
・ポートレートモデル
性別・容姿一切不問。
ネットで使うプロフィール写真やアー写が欲しい、といった軽い動機でOKです。

お気軽に撮られにきて下さい。

※注意事項
当パーティで撮影された写真は、著作権・肖像権共にフリーとさせて頂きます。

▲Back

▼台風接近の為、7/24(Thu) に延期となりました。
 内容は一部変更となる可能性がありますので追って発表致します!▼

 

7/10(THU)

【Cafe de mol chein】

_毎月第1(Thu)_→★今回はイレギュラー

IDOL LIVE & DJ
19:30~22:30
入場無料

ACT>
もるも もる
奏でうた

▲Back

7/11(FRI)

▶▶▶ 毎月の【出演者募集】◀◀◀
ブレッツ presents【BULLET'SEN ブレッツェン_vol.78】

_毎月第2(金)_

NON GENRE
20:00~5:30+AFTER HOURS!!!!!
●●●エントランスフリー●●●

▼イベントページ▼

https://www.facebook.com/events/1441231096144645/
?ref_dashboard_filter=upcoming

 

DJ>
◯Teru Iwase (L.S.S TRAXX)
◯RITE [Lagoon]
◯Kyohei Fujimoto
◯MATO

◯ディージェイ・カルシューム
◯slv + kon
◯olkman [クラブ甲子園/百姓レコーズ]
◯DJ shimpee
◯DJ m048
◯ayaco
◯Ayako Nakazawa
◯DJ wayway
◯HARRY:淑蘭◎ [BULLET'S/SECOND LOBBY/SENDER LIPS]

_________________________

▶▶▶毎月の【出演者募集】
この通常ブレッツェン出演者の中からも、
5/24には▶志茂田景樹◀▶細野晴臣◀▶モーリー•ロバートソン◀も出演した、
不定期開催のスペシャルへブッキング中!
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ライブ、 DJ、パフォーマンス、対談、お笑い、映像、ファッションショー、作品展示、インスタレーション、フリマ、占い、フード,etc..
●参加費:¥2000のみ_3D付!
info@bul-lets.comまで。

 

___ オリジナルカクテル ___
『BULLET'SEN』

“ちっちゃなブレッツ”がここに。
赤絨毯に切り株(サラミ)/ベッド(チョコレート)/
白壁(塩のスノースタイル80%)/
瞬間の奇跡(ズブ ロッカを浸 した角砂糖)への炎は次第に青みを帯びて、
赤い光の空間(カンパリ×チンザノロッソ×ビール)へと溶け合ってゆく・・・・・。
まさにブレッツェンのような<NON GENRE>ワールド。

 

◯Teru Iwase [L.S.S TRAXX]

Elektraのオーガナイザー

十代の頃からTechno Live/DJアクトとして様々なイベント、場所でプレイ。
約10年前以上前からLaptop Live/DJの魅力に引きずり込まれMaxなどで様々プログラムもしたが、インテリジェンスでアカデミックな難しい事はすべて捨てて、鑑賞でない楽しい体感を大切にした音楽/DJにシフトAlltag名義でVJ活動、参加レーベルのL.S.S TRAXXの映像制作担当としても活動

https://soundcloud.com/teru1031
http://www.mixcloud.com/Teru1031/
https://www.youtube.com/user/loudspeakersurvey1

 

◯RITE [Lagoon]

10代の頃よりハードコアバンドのギタリストとして音楽活動を始める。その後、様々な音楽を吸収した後トランスの洗礼を受けテクノミュージックに共鳴、2004年DJ活動開始。今は無き伝説の国内最重要テクノクラブMANIAC LOVEやageHaでのレジデントから始まり都内主要クラブ及びアンダーグランドレイブに進出する。脱予定調和を掲げ、音楽によるリアルタイムなコミュニケーションを実践するべく、即興に強い拘りを持ち続け、全身全霊で回すそのサウンドは恥と偏愛の賜物であり、時にタナトスに、徹底的に自意識からの解放を諭す。

soundcloud

◯Kyohei Fujimoto


東京在住。DJ&トラックメーカー。
90年代後半にsquarepusher Ultravisitorに衝撃を受けダンスミュージックの門を叩き、DJを始める。
Perlon、[a:rpia:r]、sex tag mania、work
shopなどのレーベルから影響を受け、独特なグルーブの中に怪しさとサプライズを散りばめたスタイルは聞くものを驚かせる。2010年からトラック制作を開始し、海外のレーベルからリリースが予定されている。

https://soundcloud.com/kyohei-fujimoto

 

◯MATO

HIPHOP大好き!トラック作ってます!deemc represent !!

◯slv + kon


2014年1月かBullet'sにてスタートしたレギュラーイベント
「HOUKAGO18 / 放課後18時」のために結成されたユニット
DJ及び、空間演出、ツール制作などを主に活動(予定)

WEB:
http://www.facebook.com/houkago18.web

 

◯olkman [クラブ甲子園/百姓レコーズ]

百姓レコーズ所属。クラブ甲子園主催。
幼少期にデトロイトテクノから影響を受けDJを開始。プログレッシブに展開しつつもテクノならではの硬質なビートを調和させたプレイはまるで90年代のクラブシーンを彷彿とさせる。

【百姓レコーズ Presents クラブ甲子園 Vol.2】]
~ ベース大付属 VS ヒップホップハイスクール ~ は7/19(SAT)!!!

▼イベント ページ▼

https://www.facebook.com/events/1514129182143610/
?ref_dashboard_filter=calendar

【soundcloud】
http://m.soundcloud.com/olkman
【mixcloud】http://www.mixcloud.com/kosuke-hamada/

 

◯DJ shimpee

東京出身。変態的でビザールなあらゆるジャンルの音楽を節操なくかけるプレイスタイル。

 

◯DJ m048

千葉県生まれ千葉県育ち。千葉の自然に囲まれ、日々釣りに明け暮れる生活。そんな僕でも最近バンドを組みました。
自称楽器の弾けないミュージシャン。

◯ayaco


色々な国や時代の、パンクでサイケでヘンテコな音楽が好きです。
グラフィックデザイナー(修行中)。
好きな色はマゼンタ100%。

◯HARRY:淑蘭◎ [BULLET'S/SECOND LOBBY/SENDER LIPS]


▲7月マンスリーフライヤー表紙は ▶▶▶ 志茂田景樹 ◀◀◀ !!!

[BULLET'S compilation 02] for 15th year! _____________

ブレッツ15周年イヤー、フリーDLコンピ企画、まだまだやります!
5/24にブレッツにてラッパーデビューした▲志茂田景樹氏▲を筆頭に、
今月はなんと6組!! <音源の公開はもう少々お待ち下さい>

☁追ってこちらにて公開致します☁
https://soundcloud.com/bullets-nishiazabu

2005年の コンピレーション01から約8年、
ブレッツの過去~現在をまとめてマンスリーフライヤーをジャケットに、今年1月~毎回2組以上のアーティストをFREE DOWNLOAD形式でリリースしています。

各月ごとのリリースアーティストはその月内限定リリース

12月or1月には全ての楽曲を再度まとめてUP、アルバムとして機能すると同時に、スペシャルデイ<11月頃発表>には、ブレッツに足を運んで頂いた方限定のスペシャルREMIX入りCDをプレゼント!

15周年へ向けて毎月変化してきた、そしてこれからも変化し続けていく、
常に生きているブレッツに是非ご注目下さい!

 

◉自主企画イベントの主な過去のゲスト出演アーティスト◉
細野晴臣,志茂田景樹,DJ WADA,Q'HEY, NUMB,KARAFUTO,OKIHIDE a.k.a.CXAUDIO IE,
AUTORA,モーリー・ロバートソン,CHAOS,MarcWiser[RECHENZENTRUM],MAYURI,ツジコノリコ,POiSON GiRL FRiEND, 煙巻ヨーコ,DJ Amiga,グーテフォルク,miroque,マドモワゼルユリア,スプツニ子,COM.A,川染喜弘,DE DEMOUSE,オオルタイチ,GOTH-TRAD,KEIHIN,
Fragment,Rashad Becker,伊東篤宏,SUNAO INAMI [electr-ohm],Gonno,KIMKEN,BUSHMIND,
HARUKA [FUTURE TERROR],jinmenusagi from LOW HIGH WHO?,カール・ストーン,國枝志郎,二見裕志,kujun,shiba@FreedomSunset,白石隆之,HiBiKi MaMeShiBa,Drastik Adhesive Force,
SHabUSHabU,galcid,34423,KEITA MAGARA [dance rodriguez],GoRo,ECD+ILLICIT TSUBOI,
hanali [GORGE.IN],小林径 [New Tribe],MOODMAN .....等々多数。

▲Back

7/12(SAT)

【放課後18時 vol.07】
_毎月第2(土)_

18:00 - 23:00
男子:¥1500+1D ORDER
女子:¥500+1D ORDER

WEB:http://www.facebook.com/houkago18.web

LIVE>
Hiromu TAKANO

Radio>
INOCCHI

DJ>
slv + kon
DJ Ryo
julio
Nico

DJ&RAP>長谷川エンタテインメント (HET/DIET)


放課後、友達の家でゴロゴロしていたあの頃のように。
そんな場所が欲しくて出来たイベントです。

友人との飲み会の場に。
帰りにふと寄りたくなる行きつけの場に。
ちょっとした特技を披露できる場に。

一面絨毯のBULLET'S(ブレッツ)というお店で、
好きな人と、好きな時間に、好きなように
過ごしてもらえたら嬉しいです。

笑って、リラックスして、少しだけ刺激的な時間をあなたに。
(DJ、LIVE、生ラジオといったコンテンツ多数!!)

▲Back

7/14(Mon)

【伊東篤宏 presents...TRONITO vol.37 】

NOISE,INDUSTRIAL,TECHNO,TRIBAL,MINIMAL,NO FUTURE,etc…..
19:00~23:00
●●●エントランスフリー●●●

▼イベントページ▼

https://www.facebook.com/events/302802793213917/
?ref_dashboard_filter=upcoming

LIVE>
▼伊東篤宏 [OPTRON]
▼WUUUN
▼十三画
▼小林うてなと急げヘリコプター

more!!

DJ>
▼Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]
▼HARRY:淑蘭* [BULLET'S]

more!!

▼▼▼
それぞれのソロライブの後、最後に伊東氏との1組ずつ
(スタイルは当日伊東さんの判断で決まります)の
__ セッションタイム !!!!!!!! ___

▼▼▼【出演者募集!】▼▼▼
この通常TRONITOから、不定期開催のスペシャルへもブッキング中!

<参加費&ノルマゼロ・ドリンクチケットプレゼント有!>
まずはこちらまでメールを!info@bul-lets.com

 

___ オリジナルカクテル ___
『TRONITO』

刺激的電撃飲料 辛・甘・酸 蛍光灯吸口付

 

 

▼伊東篤宏 [OPTRON]

1965年生まれ。1980 年代後半より美術作家として活動を始める。98年から展覧会などでサウンド・パフォーマンスを開始し、インスタレーション作品と同素材である蛍光灯を使用した自作音具「オプトロン」を制作。数々の改良を加えつつ現代美術側からの音あるいは音楽へのアプローチを世界各国で続けている。数々の個展やソロ・パフォーマンスの他にOptrum,今井和雄TRIO,OFFSEASON,等のバンドやユニットでも活動中。
またここ数年はカールステン・ニコライらの「diamond version」へのゲスト参加や
アンダーグラウンドHIP HOPレーベル「BLACK SMOKER records」からのCDリリース等、
ジャンルや音楽スタイルの枠を飛び越えた幅広い展開を見せている。

http://www.gotobai.net/

 

▼WUUUN


自作楽器ジャンクテクノユニットPUNSUCA兄弟が既存の電子楽器を使った兄弟喧嘩エレクトロユニット!

 

▼十三画


吉祥寺を拠点に活動するMPC×2、ターンテーブル、シンセ等のハード機材を駆使した、うえはらじん、 Qumoyuki、 ケンゴコバヤシ、
の3人からなるリアルタイムデジタルセッションバンド。

HIPHOP、BREAKBEATSなどを基軸にHOUSE、TECHNO、はたまたDUBまで多彩な音楽性のBEATMUSICを表現する。
ジャンル問わず、数多くのアーティストとのセッション経験も豊富。
2006年CORNERDISCを立ち上げメインパーティー「緑青」(ロクブル)を主催。
こだわりのコンセプトによる人選で吉祥寺の夜を盛り上げる。
現場で行われるリアルタイムセッションとは別に音源製作で形を残す方向に向かいパーティーを一時休止。
メンバー3人で協力して現場で使えるレコードをコンセプトにトラック製作を開始。
このたび12inch Vinyl MECCA EPを自主レーベルFree&Easyからリリース。

http://cornerdisc.com/
http://diskunion.net/clubt/ct/detail/1006167386

十三画Live@Bulett's
https://soundcloud.com/13kaku/13kaku-elektra-20140503

十三画 FB
https://www.facebook.com/13kaku

 

▼小林うてなと急げヘリコプター


http://utena1989.tumblr.com/helicopter
小林うてな+加藤みどり
helicopter
http://utena1989.tumblr.com

 

▼Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]


東京在住。
幼少時にバイオリンをはじめ、後にギタリストとしてアーティスト活動を開始。
自身が参加するバンドへのコンピュータ導入をきっかけに、
2007年から電子音楽の制作を始める。
“無機物が有機的に織り成す空間”をコンセプトに、ストイックであり微細な生命を感じるトラックを手掛ける。 DJとしても稀に活動している。
http://www.hz-records.com/

【VALVE LOUNGE】毎月第1(水)を
Kazuki Muraoka[Adapt Records] と共に主催。

http://valvelounge.tumblr.com/

 

▼HARRY:淑蘭* [BULLET'S]


▲7月マンスリーフライヤー表紙は ▶▶▶ 志茂田景樹 ◀◀◀ !!!

[BULLET'S compilation 02] for 15th year! _____________

ブレッツ15周年イヤー、フリーDLコンピ企画、まだまだやります!
5/24にブレッツにてラッパーデビューした▲志茂田景樹氏▲を筆頭に、
今月はなんと6組!! <音源の公開はもう少々お待ち下さい>

☁追ってこちらにて公開致します☁
https://soundcloud.com/bullets-nishiazabu

<▶志茂田景樹 ▶SHabUSHabU ▶Smany
  ▶himeshi ▶内田るん [ex.くほんぶつ] ▶Paina >

2005年の コンピレーション01から約8年、
ブレッツの過去~現在をまとめてマンスリーフライヤーをジャケットに、今年1月~毎回2組以上のアーティストをFREE DOWNLOAD形式でリリースしています。
各月ごとのリリースアーティストはその月内限定リリース

12月or1月には全ての楽曲を再度まとめてUP、アルバムとして機能すると同時に、スペシャルデイ<11月頃発表>には、ブレッツに足を運んで頂いた方限定のスペシャルREMIX入りCDをプレゼント!

15周年へ向けて毎月変化してきた、そしてこれからも変化し続けていく、
常に生きているブレッツに是非ご注目下さい!

◉自主企画イベントの主な過去のゲスト出演アーティスト◉
細野晴臣,志茂田景樹,DJ WADA,Q'HEY, NUMB,KARAFUTO,OKIHIDE a.k.a.CXAUDIO IE,AUTORA,モーリー・ロバートソン,CHAOS,MarcWiser[RECHENZENTRUM],MAYURI,ツジコノリコ,POiSON GiRL FRiEND, 煙巻ヨーコ,DJ Amiga,グーテフォルク,miroque,マドモワゼルユリア,スプツニ子,COM.A,川染喜弘,DE DEMOUSE,オオルタイチ,GOTH-TRAD,KEIHIN,
Fragment,Rashad Becker,伊東篤宏,SUNAO INAMI [electr-ohm],Gonno,KIMKEN,
BUSHMIND,HARUKA [FUTURE TERROR],jinmenusagi from LOW HIGH WHO?,カール・ストーン,國枝志郎,二見裕志,kujun,shiba@FreedomSunset,白石隆之,HiBiKi MaMeShiBa,Drastik Adhesive Force,SHabUSHabU,galcid,34423,KEITA MAGARA [dance rodriguez],GoRo,ECD+ILLICIT TSUBOI,hanali [GORGE.IN].....等々多数。

▲Back

7/15(TUE)

【MUSIC SHARE#25】
_偶数月第4(火)_奇数月第3(火)_

POPS
19:00~24:00 (配信は20:00~21:30)
¥1200(1D)

▼イベントページ▼

https://www.facebook.com/events/383945198404795/

TALK>
Charisma.com
( http://official-charisma.com/ )

LIVE>
惑星アブノーマル
( http://wakusei-abnormal.com/ )

 

7月のMUSIC SHAREは「ガールズトーク」と連動してお届け!
http://ototoy.jp/news/75535
http://www.vap.co.jp/girlstalk/

■■■ 期待の新人!【惑星アブノーマル】■■■


サイケデリックかつ変則的な楽曲と、観る者を圧倒させる強烈なライブパフォーマンスが話題を呼ぶ。
2012年春に開催されたKi/oon Musicの新人発掘オーディション「キューン 20 イヤーズオーディション」では、約4000組の応募者の中からファイナリスト11組に選ばれた。
「流星」が、読売テレビ・日本テレビ系「カミングアウトバラエティ!秘密のケンミンSHOW」エンディングテーマに。

 

 

▼配信はこちらから▼
http://www.ustream.tv/channel/music-share

■WEB■
http://www.musicshare.jp

■facebookページ■
https://www.facebook.com/MUSlCSHARE?ref=br_rs

 

■MUSIC SHARE■は、
日本の本当に素晴らしい音楽を世界中の人たちとSHAREする、WEB上のLIVE&TALK番組です。

2012年5月「真っ直ぐに良い音楽を伝えたい」という強い思いで、異なるバックグラウンドをもつ仲間が集まり、わずか2ヶ月後の7月に番組はスタートしました。
さらに京都にも仲間が集まって、2013年11月にはMUSIC SHARE KANSAIも始まりました。

ロック、テクノ、エレクトロ、クラシック、ブレイクビーツ、ジャズ、スカ、レゲエ、現代音楽・・などなど、ジャンルにとらわれずに魅力的な音楽、ミュージシャンをご紹介しています。

 “日本の音楽は世界から取り残されている?”
 “世界中で起こっている音楽潮流の激変って?”
 “20世紀型音楽システムの崩壊とは?”
音楽を巡る話題があちらこちらで語られているこの頃ですが、
未来の音楽シーンをつくるムーブメントは、もう、既に起こっています。

「新しい時代の音楽は、つくり手とつなぎ手と受け手が共に楽しみ、世界中の人たちとSHAREする。」
せっかく面白い時代に生きているのだから、わたしたちは流行や話題性、そして情報の大きさを超えた音楽との、ワクワクする出会いをつくりたいと思っています。

美味しい料理やお酒、オシャレ、本、映像、音楽・・素敵なことをたくさんの人と共有したいと思うのは、とてもプリミティブな欲求です。MUSIC
SHAREで、日本の素晴らしい音楽を世界中の皆さんと楽しめますように!

 

■■■ 偶数月第4火曜日、奇数月第3火曜日20時~ ■■■
世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する音楽番組「MUSIC
SHARE」生放送でお届け!本田みちよの京都弁はんなりMC、楽しくてためになる「とくさしけんごのクラシックアワー」「萩原佳明のゲネマチ」とゲストによる素晴らしいLIVEを生放送でお届け!

 

 

【MUSIC SHARE 司会者プロフィール】______________

【本田みちよ】
ミュージシャン/MUSIC SHARE代表

京都出身。10歳の頃より京都市少年合唱団(ソプラノ)で小澤征爾指揮のボストン交響楽団,ウィーン少年合唱団と共演するなど、幼い頃より音楽の基礎を学び、音楽をを愛し、歌に親しむ。ボーイソプラノのような透明感のある歌声が定評だが、ボーカロイドのような無機質な声からアニメのようなキャラ声、しっとりとした大人声まで幅広い歌い方が出来る希有なボーカリストであり作曲もこなす。その実力は国内外のアーティストに認められている。

97年から2013年6月までOVERROCKETとして活動。WORLD ORDERの「2012」「PERMANENT
REVOLUTION」、吉岡徳仁 監修の「カルティエ展」会場内音楽に歌で参加、レオパレス21「それぞれの夢」、CITIZEN
CM「xC(クロスシー)」、話題沸騰中のiPhone
APP「星めぐりの夜」の歌など様々な分野で活躍する中、毎月1曲リリースするプロジェクト「Michiyo Honda Monthly
Release Project 2011」が話題を呼び、アニメ「ギルティークラウン」劇中歌(フジテレビ)、世界的人気を誇るゲーム「ファイナル
ファンタジー13-2」、人気アイドル麻生夏子のアルバムに曲提供。2012年7月から世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する音楽番組「MUSIC
SHARE」で司会を務めるなど活動の場を広げている。

Mijk van Dijkとの共作が石野卓球主催の日本最大の屋内テクノフェスティバルWIRE13のコンピレーションに収録され、横浜アリーナで行われたWIRE13でMijk
van Dijkのゲストボーカルとして出演し大成功を収める。

そして、2014年春、UQiYOとの奇跡的な出会いによって誕生した「THY
LUV」が国内外で大量にリツイートされ大きな話題になる。2014年4月、世界50カ国でミュージック1位を獲得する音楽ゲーム「Deemo」で歌った「I
Race the Dawn」が世界一の規模を誇る国際的な賞、Annual Game Music Awards
2013で最も優秀なボーカルテーマソングとして賞を受賞。現在、T-AKとのプロジェクトが進行中。https://www.facebook.com/M1CHIYOHONDA

●MUSIC SHAREのの大人気コーナー「ゲネマチ(現代音楽にネタを求めるのは間違っているだろうか)」でもお馴染みですが、先月から司会者に抜擢!

【萩原佳明】
1973年3月31日佐賀県佐賀市生まれ。実家は萩原蒲鉾。東京大学文科I類中退。アスキーで3年半ほど編集者生活を送った後に独立し、(有)プラスワン
デジタルを設立。現在の主なお仕事はWebサイトの企画・運営やサーバ管理、プログラム作成、データベース構築など。タモリ倶楽部出演で一躍話題になった
「時刻表の音楽」宜しくお願い致します。

 

●MUSIC SHAREの大人気コーナー「とくさしけんごのクラシックアワー」______
【とくさしけんご】
1980年生まれ / 青森県出身 国内外での作品の発表の他、ソロアルバム『華麗なるホリデーの世界』、タナカカツキ
『AltoVision』、森川幸人『ヌカカの結婚』(ダ・ヴィンチ電子書籍アワード 2011 大賞受賞)、
『ファイナルファンタジーXIII-2』TVドラマ「推定有罪」サウンドトラック参加など。
その他、映画、TV、CM、ゲーム、展示、イベントなどのための音楽を多数手掛ける。 第 20 回日本現代音楽協会作曲新人賞、第 10
回東京国際室内楽作曲コンクール第一位受賞。

▲Back

7/16(Wed)

【Indian and Bollywood Music Night】

INDIAN,BOLLYWOOD...
19:00~23:00
¥1200 (1D)
※ 禁煙 !!

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/340481736076796/?notif_t=plan_user_invited

DJ>
DJ Tathina
DJ ラノ

and
DJ Rihoo from Indian Film Information Center Nakano Branch Music Section(Riho Aihara)

 

☆一足早いインド風味の夏祭り☆

☆Summer dance festival with Indian taste ☆

From classical Bollywood to the latest Indian music, travel through the sound of diversity!
Let's dance and enjoy the music together !!

多様性あふれるインド音楽に浸るひととき。
踊りたい方!!音楽を楽しみたい方!!
仕事帰りに梅雨の気分をふっとばしにぜひお立ち寄りください。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

▲Back

7/17(THU)

【Synthesmic #31"
-HULA HONEYS JAPAN TOUR 2014-】

_毎月第3(木)_

20:00~23:00
☆入場無料 / Entrance FREE
☆宇宙の本読み放題 / Free Cosmic Books and more…

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/672211409536999/?ref_dashboard_filter=calendar

LIVE>
FELDERMELDER (Hula Honeys) [from Switzerland]

 

DJ>
nik! (Hula Honeys) [from Switzerland]
buna (Trench Warfare/CMFLG)
Maki (Helix)

 

Resident DJ>
DJ Emerald

 

Synthesmicは、シンセサイザーと宇宙をテーマに、
毎月第3木曜日、20時から終電まで、
西麻布の赤い絨毯の地下室・ブレッツにて行われています。
良質な音楽と、宇宙の本をたくさん用意しております。
入場料はかかりませんので、どうぞお気軽にお越しください。

************
Synthesmic :::
http://synthesmic.tumblr.com/

Photo Archive :::
http://synthesmic-photoz.tumblr.com/

 

___ オリジナルカクテル ___
『真空キッス』

果てのない宇宙.ビッグバン..宇宙の晴れ上がり... 奇跡の月世界旅行....
浮遊し弾けて くっついて 星の海に紛れ込むGET27号

『アロマトウムカオス』


冷たく佇む力強い重厚な光. 壮大な混沌の渦は儚ささえもまるで永遠の様.

▲Back

7/18(Fri)

【Elektron System Exclusive Vol.5】
- Summer Of Rytm -

22:00~5:00
¥1000(1D) 23:00まで
¥1500(1D)

▼イベントページ▼

https://www.facebook.com/events/420018928140760/
?ref_dashboard_filter=calendar

▼FACEBOOK ページ▼
https://www.facebook.com/WeAreElektronJP

 

LIVE>
Chamellow (De-Sein)
SERi (AcidWorx, Slap Jaxx)
Nedavine (AN / AY)
Legofriendly (Intervall-Audio)

▲Back

7/19(Sat)

【百姓レコーズ Presents クラブ甲子園 Vol.2】
ベース大付属 VS ヒップホップハイスクール

HIPHOP,BASE
17:00~23:30
¥1500(1D)

▼イベント ページ▼
https://www.facebook.com/events/1514129182143610/
?ref_dashboard_filter=calendar

 

DJ>
・olkman
・kiyomi(お湯/百姓レコーズ)
・カンジ(Helloes)
・DJ MAHIRU(ArijuaNa/どらむん町内会)
・asanoappy(back 2 forest/チャラアニ)
・デビルスコーピオン
・Miii (Maltine Records / Murder Channel)
・DJ kamikaz&himeshi

VJ>
・マキユウスケ
・sone takaaki(TREKKIE TRAX)

 

遂にクラブ甲子園のVol.2が開催決定!!!今回はなんと、ベースミュージックVSヒップホップだ!

 

 

■olkman【Live Act】
10代のころにデトロイトテクノから影響を受け音楽活動を開始。
プログレッシブに展開しつつもテクノならではの硬質なビートを調和させたプレイはまるで90年代のクラブシーンを彷彿とさせる。
今回のクラブ甲子園では、自身の礎になるハードなビートと腸を煮え繰り返す様なベースラインを引っさげ、ハードミニマル+ベーススタイルのライブを展開する模様。
また、今年結成されたハードコアバンド、Anal Serviveのプログラミングに抜擢されクラブシーンのみならず今後の活動が期待されている。

【soundcloud】
http://m.soundcloud.com/olkman
【mixcloud】http://www.mixcloud.com/kosuke-hamada/

 

■kiyomi(お湯/百姓レコーズ)
清見タンゴールは、ボリュームあるアメリカのオレンジと、とっても甘い日本の温州みかんを交配して作った国産初のタンゴール品種です。その名は、Tangerine(みかん)と、Orange(オレンジ)のかけあわせを意味する、Tangora(タンゴール)に、生まれ故郷、果樹試験場興津支場の近くにある、「清見潟」からとった「清見」を冠して付けられました。

 

■カンジ(Helloes/百姓レコーズ)
1991年2月21日、過去4年連続で東京都内の犯罪発生数(刑法犯認知件数)ワースト1を獲得した、ゲットーシティー「足立区」にて生を受ける。
幼い頃からイーストトーキョーのヒップホップ文化に感化され、
一部の農民からは下町の「カニエ・ウェスト」の異名を取る。
KICK THE CAN CREW、RIP SLYMEがメジャーデビューした2001年は全く音楽にすら興味が無く、ほどなくして地元ラッパーとの共演などは無いまま、墨田区にある某私立中学校に進学。中学受験の際にはCo.慶応の「日本史ラップ」を駆使して社会科を勉強するも蓋を開けてみれば国・算の2科目受験で終わる。中学時代は特にヒップホップと触れ合う機会もなく、ドラゴンアッシュなどのミクスチャー・ロックからラップを学ぶ日々を過ごしていた。
その後、地元TSUTAYAのヒップホップコーナーを漁りまくり、ヒップホップの上澄み部分だけをすくい取った様な、ドープな感覚を身につけていった。
高校時代には軽音楽部に所属するも教室で行われたクリスマス会で盟友Olkmanらとともに初のDJを披露。約30人近くのオーディエンスを大いに盛り上げる。
大学進学後は代々木公園などで当時開催されていたレイブ・パーティーに足を運びサイケ・トランスなどにハマる。尚、この頃の口癖は「~だガンジャ!!」(ドカベンプロ野球編の伊良部っぽく)。
GMS、Infected Mushroom、Juno Reactorなどを聴いて一年間を過ごすが、
同時にDJも本格的に活動を始める。
その後、Shing02のアルバム『緑黄色人種』に衝撃を受け、日本語ラップの可能性を模索。
環ROYなどにも影響を受け、自作のエレクトロ・サウンドにラップを乗せた曲「解答用紙」を発表するが、その後にヒップホップ的な進展は無く現在も模索中。
2011年7月からロックバンド"Helloes"のギタリストとして活躍。
2012年10月10日にRADWIMPSを見出したNEWTRAXX Inc.より1st album 『Helloes』 を全国発売。
基本的に楽しいDJを心がけ、今まで様々なイベントも企画。必殺技は「百姓スクラッチ」。
この日も東京23区内で犯罪発生件数ワースト1位の地元北千住から馳せ参ずる。

 

■DJ MAHIRU (ArijuaNa/どらむん町内会)
1990年生まれ。学生時代に伊波まひるとDRUM&BASSに強く影響を受けDJ活動を始める。敬愛する伊波まひるを筆頭に自身の経験したカルチャーとDRUM&BASSをミックスしたDJスタイルで幅広いイベントに出演。BASS MUSICを中心としたイベントを精力的に立ち上げ都内で活躍する実力派DJを数多く招聘。現在は秋葉原MOGRAで架空の町"どらむん町"を舞台にした「どらむん町内会」、青山蜂のBASS MUSIC PARTY「ArijuaNa」を中心に活動中。

 

■asanoappy(back 2 forest/チャラアニ)
「Back 2 Bellforest」でDJmixが採用されて出演、
若い芽としてさまざまな方法で摘まれているのがこちら。
中学生の時に視聴していたエウレカセブンに衝撃を受け、
徐々に様々なアニメに触れるようになる。
クラブカルチャーとは縁もゆかりもない生活を送ってきたが、アニソンクラブイベントやネットレーベルなどに出会い、部屋に置いてあった電子ピアノはいつの間にかDJ機材に。
普段は心地良いtechno/prog/minimalなどを軸に、アニソンを織りまぜながらニヤニヤしている。
じっくりコトコト煮込んで殺すようなDJプレイを目指すも、「殺すなんてできない…!」と今日も良心の呵責に苛まれる日々。
Back2Bellroestやチャラ★アニ、いい感じのイベントなどを中心にじっくりコトコトし、そのプレイはまさにコーンポタージュの領域である。

 

■デビルスコーピオン ~LIVE SET~
こんにちは!
ゆとりが生んだ毒さそり、デビルスコーピオンは
学生、ラッパー、DJ、段ボール工作員、実家の穀潰しで忙しい。

 

■Miii【LIve Act】 (Maltine Records / Murder Channel)  
1992年生まれ、東京在住。アングラ音楽家/DJ。
2004年よりパソコンを用いた楽曲制作を開始し、青春時代を宅録、トラックメイクに費やす。BreakcoreやDubstepをバックグラウンドに持つ変幻自在なサウンドと、Post RockやJ-Indie Rockを通過したエモーショナルな展開とメロディを武器にリスナーを圧倒する。東京女子流、夢眠ねむ、DJ TECHNORCH等の公式リミックスや、オルタナティヴラップグループYOCO ORGANとの楽曲制作、NO+CHINの楽曲アレンジ等を手がける他、アーバンギャルドの楽曲の非公式リミックス「傷だらけのマリア (Miii's Subculture Blood Remix)」が公式に紹介される等、様々な方面において注目を浴びている。2014年2月には〈Maltine Records〉より1年9ヶ月振りのEP『Everything Happens To You』をフリーリリース。現在は、LASTorderと共にポスト・ロックの再解釈をテーマとするプロジェクト"The Wedding Mistakes"としても活動中。2014年6月30日、Miii初のソロCDミニアルバム『Textural Nightmare』を〈Murder Channel〉より遂にリリース。
http://soundcloud.com/miii

 

・DJ kamikaz&himeshi

・himeshi
埼玉県在住。1989年生まれ。
スケート・グラフィティクルー「RDN」 所属。MC。
2012年にEP「KURAYAMI NIRAI KANAI ep」をリリース。
過去にアブストラクトヒップホップコンピレーショ ンアルバム 「ANARCHIST」に参加。
ネットコンピレーションアルバム 「FOGPAK #2」に盟友dj kamikazと共に参加。
2013年、犬に噛まれて血が出るハンデを負いながらもMIX TAPE「mode pacemake」をフリーダウンロードでリリース。
将来の夢はケーキ屋さん。

https://soundcloud.com/search?q=himeshi

現在、ブレッツ15周年記念フリーDLコンピレーション企画
7月へ参加中。

https://soundcloud.com/bullets-nishiazabu

 

▲Back

7/22(TUE)

【分解系なお茶会】 __奇数月第4(火)__

LECTRONICA,AMBIENT
19:00~23:00
●●●エントランスフリー●●●

LIVE>
Tessei Tojo
Smany

お茶会幹事 兼DJs >
Naohiro Yako (Bunkai-Kei records)
Pakchee (Hz-records)

★デモ音源発表会タイム開催★
どなたでも持ち込み可能で20秒のデモから1曲まるまるまで、
エレクトロニカ・アンビエント・IDMといったジャンルでの曲の持ち込み発表を行います。
分解系レコーズ陣やHz-records陣、視聴するお客さんまで皆様で意見交換を行い、
お互いの楽曲制作の糧にしたり、リリースしたいネットレーベル主宰様はその場でオファーしたりといった、有意義な空間を作れたら本望です。
どなたでもこぞって音源データ、またはCD、またはiPodなどでお持ち込みください。音源持ち込みで参加される方は当日に担当の者までお声掛けください。
お待ちしております。

Bunkai-Kei records
http://bunkai-kei.com
https://twitter.com/bunkaikei

Hz-records
http://www.hz-records.com/
https://twitter.com/hz_records

 

▶▶▶Smany

juri kawakamiによるソロプロジェクト
自身の子供に即興で子守唄を歌い聴かせていたことがきっかけで作曲活動を開始。
仕事と家事の合間に趣味で音楽制作をしている。
2013年6月に分解系レコーズより1stアルバムkomoriutaをリリース

https://twitter.com/smany000

Bunkai-Kei records
http://bunkai-kei.com/
https://twitter.com/bunkaikei

▼▼▼▼▼▼▼
【分解系なお茶会】 _奇数月第4(火)_にたびたび出演。
その、ヒッソリとも力強さを感じる不思議な存在感で聴く者を惹き付ける、
不思議系主婦アーティスト。
子持ちとは思えぬ衝撃的な内容の歌詞とダーク・メランコリックなメロディーに、心をくすぐられッパナシ。
圧倒的な歌唱力も際立っているこの楽曲は、
えすめにーの他トラックとは明らかに異彩を放っている。

 

▲Back

7/23(WED)

【そこにある日々】__毎月第4(水)__

HOUSE
18:00~23:00
●●●エントランスフリー●●●

DJ>
mayumix
masai
agio
takechonbo

and more

▲Back

7/24(Thu)

【Cafe de mol chein】

_毎月第1(Thu)_→★今回はイレギュラー

 

ACT>
もるも もる
.....................more!!

▲Back

7/25(Fri)_1

【Base0】

ALL
19:30〜23:00
¥1000

DJ>
Nishiyan
Ryosuke [Madchester Fun Club]
Gak
Tak [HIBIKI]
Horino

and more!

▲Back

7/25(Fri)_2

【S4SPL PARTY】

HIPHOP,SOUL,POPS
23:30~5:00
¥FREE

DJ>
Tommy
S.B.
Aki

 

▲Back

7/26(Sat)

BULLET'S presents
【色々あって・・・07 <アースカラー>】

GENRE >>>アーシー
21:00~5:00
¥1◎◎◎ (1000) with アースカラー FOOD◉

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/246529945471462/
?ref_dashboard_filter=upcoming

LIVE>
◉田中 悠宇吾(たなか ゆうご)<シタール>
◉宮木修平 <タブラ>
◉TAKSEEMA & ケンゴコバヤシ

RAP LIVE&LIVE PAINTING>◉STONE63 (mudisc)

DJ>
◉Alfred "MaMeShiBa" Lion
◉アリゾナaka MAKI SHIMODA
◉கலிங்கம் ・ Karinga [REXITL] from カリンガ国
◉Leaftime a.k.a Kaori
◉奥脇鉄球 <レゲエ×ノイズ+MC>
◉stone
◉スフィンクス+ピラミッド aka slv + kon
◉DJ 赤道小町 aka HARRY:淑蘭 [BULLET'S]

アクセサリー>
◉silentsiren(サイレントサイレン)
◉MoMo's Factry

VJ>◉スフィンクス aka slv

 

_____________________________________

【ネガティヴナイト】、【秘宝館】、【激遅ナイト】に続き、
GORGEでおなじみのHiBiKi MaMeShiBa氏が次々と変名でレギュラー出演しまくっている
ブレッツ企画の月1レギュラーストレンジ系カラーパーティ。
http://gorge.in/


元々はインド~ネパール山岳地帯のクラブシーンで生まれ、
低音の強調とタムの連打が生み出す呪術的なグルーブを特徴とするGORGE(ゴルジェ)は、
近年カナダやアルゼンチンでも熱い盛り上がりを見せる、注目の音楽ジャンルだ。
///

毎回「色」をテーマにお送りしてきましたが、
白→黄色→緑系→ピンク(秘宝館と共催)→虹色→水色の水玉......

そして今回はかなり前に発案され、レギュラー陣が密かに心待ちにしていた<アースカラー>!

各自<アースカラーや地球>を連想させる変名にて登場し、
このテーマをどう選曲に反映させ持ち込んで来るかのセンス合戦!!!!!!!

__タイトル、歌詞、アーティスト名が<アースカラー的>であってもいいし、
  <アースカラー>を思わせるアーシーなセットならどんな角度からでもOK!______

空間全体が<アースカラー>に変貌するブレッツ内で<アーシー>な服をまとい、
ひたすら<アースカラーのことを考え、<アースカラー>のものを食べ、<アースカラー>にまみれよう!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

◉Alfred "MaMeShiBa" Lion

象徴するイメージ:
プライド、権力、威厳、強さ、勇ましさ、情熱、攻撃的、好戦的、破壊力

<ライオン夢占い>
ライオンと遊ぶ夢は、精神的に安定し、あなたが抱えている悩みや不安を克服できる日が近いことを暗示しているよ。
ライオンと戦う夢は、あなたの心に勇気があふれている証拠。特に、ライオンと戦って勝つ夢の場合は、大きな苦難や強力なライバルも打ち破ることができる予感大。逆にライオンと戦って負ける夢を見た場合は、無理な勝負は控えた方が良いかも。

ライオンを手なずける、調教する夢は、物事があなたの思い通りに進んでいく予感。特に、目上の人の協力がありそうだよ。
夢の中にライオンの子どもが出てきたら、あなたにとってかけがえのない、大切な友人に巡り合えるかも。

ライオンに襲われる、噛まれる夢を見たら、アクシデントやトラブルなど、不慮の出来事に注意して。慎重に対応することが重要だよ。

ライオンが迫ってくる、ライオンに追われる夢は、あなたの心の中の恐怖心や不安感の表れかも。その原因を考えて、解決方法を探ってみよ。
夢の中でライオンが雄たけびをあげていたら、周囲の人からのねたみや嫉妬に注意して。誰の心を逆なでするような言動は厳禁だよ。

 

◉田中 悠宇吾(たなか ゆうご)<シタール>


2003年タブラに出会い、2005年よりU-zhaan氏のもとでタブラを習う。インド音楽演奏の他、異なるジャンルの音楽とのセッションなど、少しずつ幅を広げつつ活動中。

◉宮木修平 <タブラ>


2003年タブラに出会い、2005年よりU-zhaan氏のもとでタブラを習う。インド音楽演奏の他、異なるジャンルの音楽とのセッションなど、少しずつ幅を広げつつ活動中。

 

◉TAKSEEMA & ケンゴコバヤシ [十三画]


アラブパーカッション、Darbukaの名手でシーンを牽引するTAKSEEMAと
マシーンセッションバンド十三画のMPC奏者ケンゴコバヤシのDuo unit
DarbukaとMPCがBEATで重なる交差点
Arab BreakBeats Experimental

https://soundcloud.com/kengo13kaku/kengompctakseemadarbuka-session

◯TAKSEEMA


大学時代をロンドンで過ごし幅広くワールドミュージックに触れる。ユーラシア大陸横断放浪の旅の途中、ダラブッカと出会い独学で始める。その後、日本、エジプト、トルコでタブラを学ぶ。2010年よりタブラクワイエサ
リード奏者を担当。エジプシャンスタイルをタンヌーラ国立舞踊団のメイン奏者 Hany
Morgan、トルコ・モダン奏法をイスタンブールにてHAREMのメイン奏者 Suat Borazan, Bunyamin
Olguncanに師事。
現在,日本全国を中心に様々なイベントでタブラを叩く。


◉STONE63 (mudisc)


ラップとアートの二足の草鞋履き。
自然の造形美や先祖による造形物、世界に散らばる謎等に心を奪われた結果ともいえる極彩色なアイデアは、-幼い頃の不可能とは程遠い発想-に回帰する為の旅のお供となっている。
様々なアーティストのアルバムやコンピレーションに参加。
2011年11月23日には待望のファーストアルバム[ACQUISITION]をmudiscよりリリース。国内外問わず様々なアーティストとの共演や自由度の高いセッション等、色濃く活動範囲を広げている。
アート活動の方では、形にとらわれる事のないアートワークスやライブペインティング、各地での個展等で独特な感覚を発揮。
ここ最近では、"Live Paint DOJO 2013" 個人戦と"Live Paint DOJO 2014 in Kyoto"
個人戦にて優勝、二冠を果たし、いちやく注目を集めているようだ。
"渚音楽祭"や"natural smile"、"rural 2013"等の野外パーティーへの出演、"COUNTDOWN JAPAN
10/11"や"ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011"、'BAY CAMP
2012"といった音楽フェスにも作品提供を行う。
規模を問わず数々のパーティーにて自己を表現中。
http://www.mudisc.com/

◉アリゾナaka MAKI SHIMODA


ビルケンシュトックのアリゾナです。

◉கலிங்கம் ・ Karinga [REXITL] from カリンガ国


毎月第一水曜OATH”REXITL”、第四木曜日bonobo”SOUL SESSION”他
野外~大箱~アンダーグラウンドなDJバー迄各所のホットなスポットでDJ活動中。
アンビエント、ダブステップ、テクノ、ハウス等の要素をMIXしてフロアに投入。
http://www.facebook.com/DeejayKaringa

「カリンガ」(கலிங்கம்)とは結婚式などで着る上質な綿織物を指しており、カリンガ国において生産された綿織物が高級品として珍重されていたことを窺わせる。

◉Leaftime a.k.a Kaori


DJ Kaori Stephanie (leaftime a.k.a Kaori )
幼い頃からピアノ、クラシックとともに育ち、音楽は常にそばにある存在。
90年代からラウンジにてDJをはじめ、クラブシーンへと移り
イベントのオーガナイズ、ライブ、DJをはじめる。現在は主に壁DJ
チルアウトDJとしてゆっくり東京を中心に活動中

DJ Kaori Stephanie
She started playing classical piano when she was about three years old as
she has always loved the music. Since early 90s she started playing DJ at
lounge and also organized parties called' Compass'. Now she plays
mainly chill out
and ambient music at cafes and lounges in Tokyo.

 

◉奥脇鉄球 <レゲエ×ノイズ+MC>


2000年頃からトラックメイクと同時にラップを始め、2010年頃よりジャマイカ、ヨーロッパ、アメリカと世界を回り音を採取や楽器制作を行う。現在レゲエサウンド「Island
Farmers」を中心に活動。個人名義ではDJ、ミックスやトラックメイクを行う。

 

◉stone

 

◉スフィンクス+ピラミッド aka slv + kon

2014年1月かBullet'sにてスタートしたレギュラーイベント
「HOUKAGO18 / 放課後18時」のために結成されたユニット
DJ及び、空間演出、ツール制作などを主に活動(予定)

WEB:
http://www.facebook.com/houkago18.web

 

◉DJ 赤道小町 aka HARRY:淑蘭 [BULLET'S]


DOKI! DOKI! DOKI! DOKI!

赤道を通る国々。
◉サントメ・プリンシペ◉ガボン◉コンゴ共和国◉コンゴ民主共和国
◉ウガンダ◉ケニア◉ソマリア◉インドネシア
◉エクアドル(スペイン語で「赤道」という意味)
◉コロンビア◉ブラジル

 

◉スフィンクス aka slv

 

◉silentsiren(サイレントサイレン)


1983年に東京のデザイン学校を卒業後、
95年頃までアパレル会社でデザイナーを務める。
1995年にフリーのアクセサリーデザイナーになり、
都内のセレクトショップ等でアイテムを販売する。
1998年に北鎌倉に移住
2010年自宅の一部を店舗としたセレクトショップtobiraをopen
オリジナルアクセサリーやアンティーク物を販売している。
http://www.silentsiren.net

▲Back

7/27 (Sun)

【growl.】

HARDCORE TECHNO,SPEEDCORE,TERROR,NOISE,
BASS,DARK,EXTREME MUSIC.
17:00〜23:00
■■■ エントランスフリー ■■■

ACT>
■■■ LALA.
■■■ Redd.

+ + + + +

「夏だから……」

growl.はじめました
暗くて速くて重くて五月蝿いのいっぱい
LALAとReddでメガ盛りにしてお届け

「ムシャクシャして殺りました!」

+ + + + +

■■■■■■■■■■■■

+++++++++++++

■■■ LALA
前世紀のとある時期に、長く続けてきたバンド活動と平行してDJ活動もスタート。
間もなく何をこじらせたかhardcore/gabber方向へシフトし
以来、未だ現役でoldschoolを中心に攻撃的なスピンをし続ける生きた化石。
数えきれぬほどの数多くの様々なアーティストとの共演
英国でのsquat partyやrave、暗黒舞踏やアフリカンドラム等とのコラボレーション
自身のユニットLoveScreamTerrorでのセッション、ライブ等
アンダーグラウンドシーンを中心に
活動の場は国内外問わず多岐にわたるふりをしている。

http://soundcloud.com/illheadevil
http://www.mixcloud.com/illheadevil/

■■■ Redd
異端者の代名詞。
2006年より本格的なSPEEDCORE DJとしての活動を開始。
2008年9月6日、100% HARD & DARKに特化したHARDCORE/HARD SOUNDS企画、"Death
Inferno"を設立。自らはその首魁を名乗る。
以後約5年近くに渡り、中野、高円寺を拠点とし都内でイベントを開催し、更には持ち前の行動力を最大限に活かし大阪や名古屋といった地方の
HARDCORE勢との接点も積極的に構築。
果てには身の危険を顧みず単身でドイツやオランダへの弾丸遠征も決行し、現地のシーンを具に体感する。
そのプレイスタイルはBPM230以上のSPEEDCORE限定という極めて偏執的なものでありながらも、持ち味である三要
素"Destruction"、"Distortion"、"Darkness"を状況に応じて使い分け、ストーリー性のあるセットの体現を常に心がけた
ものである。
手持ちの音源の特性をすべて微に入り細に渡るまで知り尽くし、自身にしか成し得ないプレイとセットを常に探求。阿修羅の如き腕捌きから繰り出される轟音と
絶叫がフロアを縦横無尽に駆け抜け、飢えたる亡者どもに至高の快楽をもたらす。
勝負はあくまで音にて行うという信条のもと、UNDERGROUND、OVERGROUNDといったすべての垣根を飛び越えてその黒い爪痕を世に刻み込むべく日々邁進中。
2014年5月にはベルリンにて開催されたSpeedcoreパーティー"Splatterkore vs Rigormortis"に於いてもプレイを敢行。
時の絶対権力に阿ること、長いものに巻かれることが上策とされるこの世の中にて、あえて悪の旗を掲げつつも自らの信ずる音を徹底追及する、異端にして孤高の存在である。

http://www.mixcloud.com/deathinfernoredd/

▲Back