September 2014 Monthly Schedule

previous month / next month

ブレッツは・・・
((( 出入り自由 ・ 赤いカーペット、ベッドやソファーでくつろげる ・
 お食事やソフト&ホットドリンクも充実 ・ いろんな形のパーティがOK )))な自由空間です!

9/3(Wed) 【Alberto Balsalm Vol.2】
9/4(Thu) tapestok records presents【Cafe de mol chein】
9/5(Fri) 【Lilium】
9/6(Sat) ▼阿木譲【0g_exhibition: CON/cretism】クロージング・パーティー▼
9/7(Sun) 【Acacia Leaf Presents "the live" Phase.Final -The Last Dance-】
9/8(Mon) 【Indian Music Lounge】__毎月第2(Mon)__
9/9(Tue) 【紅に 滲んで 溶ける 旋律腺】 ~旋律腺spinoff~
9/10(Wed) 【TumbleFish】_毎月第2(水)_
9/11(Thu) ▼▼▼【伊東篤宏 presents...TRONITO vol.39 】▼▼▼  ___ 基本毎月第3(水) __今回はイレギュラー__
9/12 (FRI) ▶▶▶ 毎月の【出演者募集】◀◀◀ ブレッツ presents【BULLET'SEN ブレッツェン_vol.80】 _毎月第2(金)_
9/13_1 (SAT) 【放課後18時 vol.09】_毎月第2(土)_
9/13_2 (SAT) 【Our Telepathy 09】 ~LAST SONG~
9/14(Sun) before holiday 【教室#9】~モノづくり(とその流通)~
9/16(Tue) 【MUSIC SHARE#27】feat.moph records _偶数月第4(火)_奇数月第3(火)_
9/18(THU) 【Synthesmic #33"】 _毎月第3(木)_
9/19(Fri) BULLET'S presents 【色々あって・・・09 <銀色_SILVER_>】
9/20(Sat) ((( SECOND LOUNGE )))
9/21(Sun) 【power550】
9/23(Tue)holiday 【分解系なお茶会】 __奇数月第4(火)__
9/24(WED) 【そこにある日々】__毎月第4(水)__
9/26(SAT) ((( SECOND LOUNGE )))
9/27(Sat) 【μ'sic party vs B_INDER】
10/1(wed) 【valvelounge】
__ LAST ___
10/2(thu) tapestok records presents 【Cafe de mol chein】
__ 毎月第1(木)
10/5(sun) 【有頂天DISCO】
10/18(sat) Spectacle vol.2

【 箱代フリー &ディスカウント】日程と料金を更新しました!

●●●【 箱代フリー 】  ●9/13(土) [23時入り~OK]
       ●9/14(日)祝前日 [22時入り~OK] ●9/17(水) ●●●

____9/8~の状況です __((( 週に約2回更新中 )))__

■9/13(土)___________通常¥65000 ▶【 箱代フリー 】 [23時入り~OK]
■9/14(日)祝前日________通常¥65000 ▶【 箱代フリー 】 [22時入り~OK]
■9/17(水)_____________通常¥16000 ▶【 箱代フリー 】 [22時入り~OK]
■9/20(土)___________通常¥65000 ▶¥1万
■9/21(日)___________通常¥52000▶¥15000
■9/22(月)祝前日________通常¥65000 ▶¥2万
■9/25(木) _____________通常¥16000 ▶¥3000
■9/26(金) ___________通常¥65000 ▶¥25000
■9/27(土) ___________通常¥65000 ▶¥3万 [22時半までOK]
■9/28(日)___________通常¥52000▶¥25000
■9/29(月)30(火) _________通常¥16000 ▶¥6000
■10/3(金) ___________通常¥65000 ▶¥35000
■10/4(土) ___________通常¥65000 ▶¥35000
■10/5(日)___________通常¥52000▶¥3万
■10/6(月)7(火)9(木)________通常¥16000 ▶¥9000

これ以降は空き日もありますが、今現在まだ【通常料金】となっています。
お問い合わせは全て info@bul-lets.com まで。

[基本的にフルドラムの使用はNGとなります]_ミニドラムはOKです。

●●●【箱代フリーの場合】●●●
以下のどちらかをお選び頂けます。

A : エントランスフリー、ノーノルマ、ノーバック。
or
B : エントランス料金ありの場合、
   料金設定はお任せしますが、
   ドリンク代 [1D=¥700] 以外の部分をブレッツと折半。
   もし¥1500(1D)ならお客さん1人入るごとに、1500-700=800÷2=¥400ずつ。
●●●【ディスカウントの場合】●●●
[エントランスのトータル額] ー
  [保証金額 +エントランスから出たドリンクのトータル金額(¥70 0×出たチケット枚数)]
この計算式の結果が...
+であればその額をBACK。 -であればその額をお支払い頂きます。
_ ブレッツではエントランススタッフをイベント側にお願いしております。ご了承下さい。

9/3(Wed)

【Alberto Balsalm Vol.2】

GENRELESS
19:00〜23:00
●●●エントランスフリー●●●

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/1459677860972861/
?ref=notif&notif_t=plan_user_invited

DJ>
ABO KAZUHIRO
DJ CDR
サナミ

▼イベントCM▼
https://www.youtube.com/watch?v=oC_ROJNK7g0

 

ど平日のベッドルーム・テクノ!
フリー・ミュージックをフリー・エントランスでフリースタイル・DJ !!!
来るとカッコいいよ。

▲Back

9/4(Thu)

tapestok records presents【Cafe de mol chein】

 IDOL LIVE!
20:00~23:00
入場無料 

ACT>
もるも もる
しゅがしゅ らら

DJ>vivid jas (亜良陽人)

HOTDOG>マチガイネッ


http://ototoy.jp/feature/2014082202

■もるも もる
ノン・プロモーションにも関わらずサウンドクラウドにアップした音源だけで噂が噂を呼び、普通のかわいい女の子が韻を踏みまくる本格的なラップをするというスタンスで、アイドル・ファンのみならずファンを増やし続けている3.5次元アイドル・ラッパー"もるも もる"。音源の購入が、都内で開催されるイベント時に販売されるEPのみだった彼女が満を持して初の全国配信リリース。

>>もるも もる OFFICIAL HP
http://ameblo.jp/molmomol/

■亜良陽人
or milk、vivid jas、bounceの3人の細胞を抽出して作られた謎のプロデューサー(サイボーグ)。カエルじゃないよ!

>>TAPESTOK RECORDS OFFICIAL HP
http://tapestokrecords.com/

▲Back

9/5(Fri)

【Lilium】

HOUSE,TECHNO
22:00~6:00
●●●エントランスフリー●●●

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/283372625185207/?ref=22

DJ>
Sinob Satosi
Monta
Hikaru
Ayako Nakazawa
Kyohei Fujimoto

underground deep party.

▲Back

9/6(Sat)

▼阿木譲【0g_exhibition: CON/cretism】クロージング・パーティー▼

8/2〜9/6まで六本木hiromiyoshii で開催されている
音楽評論家・プロデューサー阿木譲の展覧会、CLOSING PARTY__//////////

http://www.editionnord.com/event/concretism/

9/6 17:00- closing talk「 批評家の死 / ロックの死 」│入場料1000yen
阿木譲+椹木野衣[美術評論家/多摩美術大学教授]@ hiromiyoshii roppongi |
東京都港区六本木5-9-20 | http://hiromiyoshii.com/

ブレッツは 19:00〜23:30
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

Bricolage _____ ▶▶▶ AGI Yuzuru

DJ _____▶ asyl cahier _____▶ Wasabro VII

阿木譲 公式ブログ
http://agiyuzuru.wordpress.com/

____ ABOUT 【0g_exhibition: CON/cretism】___________/////

●音楽の現在においてその先見性が高く評価されるだけでなく、ファッション、コミック、モダンアート、ダンス、写真、映画など、高級/低級(ハイ・アート/ロウ・アート)にかかわらずロックに近接する全ての文化的ジャンルを巻き込んだ新感覚の運動体として未だにファンの間で伝説的に語られる雑誌「ロックマガジン」を主宰し、日本で最初のインディペンデント・レーベルといわれる「ヴァニティー・レコード」を立ち上げたことで知られる音楽評論家・プロデューサー阿木譲。─約10年ぶりとなる継続的な紙メディア「0g(zero-gauge)」を昨年末に刊行したことを発端とし、今年になっての「アイデア」誌の特集や、0g_02の刊行にあわせたナディッフ・モダーンでの展示+トーク、スーパーデラックスでのトーク+ライブ+DJイベントでますます活動を広げ、同時に再評価の機運が高まる阿木がエディットする、音の現在の深層を鋭く捉える展覧会。―黎明期の電子音楽やミュージック・コンクレートなどのテープ音楽を端緒とし、現代の先鋭的なミュージシャンから参照される80年代のインダストリアル・ミュージックを経て、近年、多くの鋭敏なアーティストがアナログ・シンセサイザーを再評価し、またモジュラー・シンセサイザーへと志向する流れを、「コンクレーティズム=具体主義」という視点で再解釈し、展示/本/ライブ/トーク/DJの複合的なチャンネルで提示します。

●展示内容____________________________/////
A:
「コンクレーティズム」をキーワードに、阿木譲がセレクトした、
黎明期の電子音楽から尖端音楽までのレコード、音源オブジェの展示
B:
「コンクレーティズム」をキーワードに、阿木譲がセレクトした、映像のプロジェクション
C:
初日に2階で行われる、モジュラー・シンセサイザー・コンサートの模様を再生
D:
最近の尖端音楽のモードであり、音の「コンクレーティズム」の顕著な現象であるモジュラー・シンセサイザー、
そして、参照点としてのビンテージ・シンセサイザーの展示と再生
E:
展示資料中の最重要作が聞ける試聴機10台

■阿木譲 _________________________________

”’阿木 譲”’(あぎ ゆずる)は音楽評論家、エディター、
レコードプロデューサー、DJ。大阪府在住。

”’[略歴]”’
雑誌1976年に「ロックマガジン」、以降「EGO」、「E」、「fashion」、「Infra」、「Bit」等数多くの著作を発表し、1978年には日本初のインディーレーベル「Vanity
Records」を設立し、以降「neu product」、「Personnages
recordings」、「remodel」を運営、そのどれもが今や伝説となり、今や国内外問わずどれもが高値で売買される。近年では自身のレーベル「remodel」よりV.A「a
sign」、V.A「PROLOGUE : SEMANTICA RECORDS COMPILATION」、Momus「In
Samoa」をリリース。運動体である音楽を遡って見た時に、氏が紹介 /
プロデュースしてきた音楽が物事の本質、音楽の潮流を外れることなく、リードし続けてきたということは驚くほかない。自身から明言はしないものの、音楽を通じて「生きること」ということを問い、表現しているように思う。

一時休止していたブログを再開し、国内外問わず大きな反響、影響をもたらす。2013年12月24日にはデザイナー /
アーチストの秋山伸氏と共にアートジン[ 0G – zero g]を発刊、出版パーティーで用意した限定初版は瞬く間に売り切れ、
約10年ぶりに紙媒体を発表することで話題を呼ぶ。
2014年1月24日に東京現代美術館 contentで開催されたFRUEでは氏を知らない層にも圧倒的なインパクトを残し、更なる支持を得る。
( nu things 平野隼也 記 )

http://agiyuzuru.wordpress.com/

”’[歌謡歌手時代]”’
1963▼9月11日 松竹映画「嵐を呼ぶ十八人」吉田喜重監督の
   オーディションに合格 たかし役で出演
1966▼秋 バイトをしていたホテルニュージャパンを訪れた関谷文栄に
   スカウトされ、舟木一夫の所属する第一共栄プロダクションと
   東芝EMI専属の歌手への道を歩む。
1967▼5月19日 東京八王子公会堂で初ステージ
   ▼5月28日 「ロッテ歌のアルバム」出演
   ▼6月5日 東芝レコードからシングル『高原の慕情』[TP-1462]でデビュー
   ▼9月5日 2nd『錆びた十字架』[TP-1518]発売
   ▼12月1日 3rd『俺には天使の君だった』[TP-1556]発売。
1968▼『星影の波止場』(日活)主役で出演(主題歌『俺には天使の君だった』)
   ▼ 3月1日 4th『俺の影が泣いている』[TP-1609]
   ▼7月1日 5th『たった一人の海』[TP-2015]
   ▼9月1日 6th『霧に消えた恋』[TP-2043]
   ▼雑誌『ヤングレディ』11月25日号に
    「全告白──阿木譲(歌手)貧困の屈辱のなかで愛と女に飢えた22歳」
       と題した暴露記事を発表、芸能界引退

”’[放浪時代]”’
1969▼大阪難波にあったフォーク歌手が集った伝説の喫茶
   「ディラン」を拠点に活動開始
1970▼5月24日「ビー・イン・ラブ・ロック」@大阪天王寺野外音楽堂に出演
   ▼11月 佐藤信率いる演劇センターの黒テントでの創作劇
    「不演不唱(ぶるうす)」に出演
   ▼ハプニングス・フォーをバックバンドに自主制作シングル
    『生きているだけのことなんだ』
   ▼ディラン発行の小冊子『ディランズ・チルドレン・ソングブック』に
    「俺らは悲しいウィークエンド・ヒッピー」を掲載
1972▼初夏 アメリカ・サンフランシスコに旅立つ
   ▼写真家の福田ヒロに連れられヒッピーコミューン「Morningstar」に出入り開始
   ▼福田の家で初めてマリファナやマクロバイオティックを体験
1973▼秋 帰国
   ▼埼玉県入間市の米軍ハウスに住みコミューン生活を続けたが断念
       (雑誌”新宿プレイマップ”などに寄稿)
1974▼難波の高島屋デパートの若者向け企画担当、
     催し会場のヤングヤングバーゲンなどや当時ローズシアターで
     裸のラリーズ公演も企画
▼ファッションブランド「I am a Boy」をスタート

”’[ロックの時代]”’
1975▼4月2日~1978年3月29日 水曜20時からKBSラジオ
    「ファズ・ボックス・イン」のDJを務める (担当ディレクター奥田靖彦)
1976▼2月 『rock magazine』創刊
   ▼KBSテレビのPV番組「ポップス・イン・ピクチャー」でコーナーを持つ
1977▼暮れに東京千駄ヶ谷にロックマガジン編集部を設ける
1978▼7月1日 日本初のインディレーベル”Vanity Records”第1弾リリース、
      DADA『浄』
   ▼8月1日 工作舎『遊』1002号より連載「DISCLIPPIN’」開始
1979▼6月1日 『流行通信』6月号で今野雄二と対談
   ▼9月9日 『遊組本1ち組ホモエロス ( 工作舎)』に
    「プラスティック・エロス」寄稿
1980▼4月1日 オブジェマガジン『fash’un』創刊
   ▼5月15日 初の単行本『rock-end』( 松岡正剛編集/工作舎刊)
   ▼FM東京「ミュージックマガジン」月1ゲスト出演
1981▼近畿放送(KBS京都)「テレリクホットライン」毎週レギュラー出演
1983▼ラジオ関西「マジカルミスティツアー」レギュラーDJ
1984▼大阪造形センター「音の教育」
   ▼6月30日 「ロックマガジンサイキックレクチャー」@吉祥寺GATTYに出演
   ▼08月1日 『rock magazine』69号で休刊
   ▼単行本『イコノスタシス』(インピタス刊)
1985▼8月1日 『EGO』創刊
1986▼10月12日~19日 「Independent Art」展@LesBoisでビデオ上映解説
1987▼5月1日 『EGO』9号で休刊
   ▼7月7日 『銀星倶楽部』6号に「ロックはいつもノイズだった」寄稿
   ▼『美術手帖 ( BT ) 』に2年間ほど連続的に寄稿
   ▼アメリカ村にレコード店「Schallplatten Neu」を兼ねたnue product設立
   ▼12月 レーベル〈Neu Product〉から12インチ・シングル
       PBC『21st Century Sweet Lucy』

”’[Eの時代]”’
1988▼2月1日、『rock magazine』復刊
1990▼クラブ〈M2(Mathematic Modern)〉オープン
   ▼8月1日 単行本『E』(nue product刊)
   ▼9月 『ET PLUS』17号に「Eの時代」寄稿
   ▼9月 『現代詩手帖』9月号”ウィリアム・S・バロウズ特集”に
     「走っている者のみが…」寄稿
   ▼9月30日~10月12日 武邑光裕と
     「バロウズ・ナイト・フォー・Eジェネレーション」を開催。
    場所は元麻布エンドマックス、大阪マセマティック・モダン
   ▼10月28日 『MIX』3号から1年以上わたって寄稿
1991▼カルチャー雑誌「03」 ( 新潮社 ) ブライアン・イーノ・インタヴュー
   ▼4月1日 『STUDIO VOICE』4月号に「ハウスはどこへ」寄稿
   ▼5月 『RITZ』に寄稿
1992▼11月1日 『STUDIO VOICE』11月号に
   「結晶世界の響き」「ブライアン・イーノ」寄稿
1993▼〈M2〉閉店
   ▼クラブ〈cafe blue〉オープン

”’[infra/BIT時代]”’
1999▼6月1日 『infra』創刊準備号刊行
2000▼10月7日 「プラスチックの時代|美術とデザイン」展
   @埼玉県立近代美術館のカタログに「音楽におけるプラスチック感覚」寄稿
   ▼10月 『Quick Japan』33号で「関西発、
    伝説のカルト雑誌『ロック・マガジン』と阿木譲」記事掲載
   ▼12月 『Quick Japan』34号でインタビュー掲載、
   のち篠原章『日本ロック雑誌クロニクル』に再録
2001▼8月 『infra』7号で休刊。
    1990年から2001年までのクラブミュージックの運動を記録し終えたため
   ▼8月 レーベル〈personnages recordings〉を立ち上げ、
    辰巳哲也『Aspects from Both Sides』リリース
2002▼1月 『BIT』創刊

”’[nu things時代]”’
2003▼3月10日 レーベル〈personnages recordings〉
     辰巳哲也『Reflection and Integration』リリース
   ▼『remix』で連載開始
   ▼07月12日 大阪市の湊町にjazz cafe〈nu things〉をプレ・オープン。
        週末限定のイベントを断続的に続けた
2004▼1月10日 〈nu things〉正式オープン
2004▼5月8日 〈nu things〉一時閉店。
      同じビルの住人からの騒音苦情に耐えかねたため
   ▼08月08日 南本町で〈jaz’ room nu things〉を再オープン
2005▼7月13日 『NO WAVE ジェームス・チャンスとポストNYパンク』に
      『rock magazine』の記事再録と寄稿
2006▼10月10日 『ロック画報』25号にインタビュー
      「鏡の歌をうたう詩人 阿木譲 裸のラリーズ回想と証言」収録
2007▼3月13日 ブログ「Oblique Strategies」開始。
         70年代からの音楽を総括する内容だった
2009▼4月 『DOLL』にインタビュー
       「阿木譲とメディアミックス ギャザー・ノー・モス」収録
2010▼4月10日 心斎橋アメリカ村で〈nu things JAJOUKA〉として
         移転オープン。jazzの文字が消え去った
2011▼2月16日 現代音楽からグリッチ、尖端音楽、
        アーカイヴを横断するレーベル〈remodel〉から
     V.A.『a sign paria – ozaka – kyoto』リリース
   ▼Amon Tobin『Isam』(Beatink)国内盤CDライナーノーツ
2012▼3月3日 阿波座に〈nu things〉を移転
2013▼1月10日 ブログ「a perfect day」開始
   ▼3月27日:DJ NOBU『Crustal Movement Volume 01 – Dream Into Dream』
       CDライナーノーツ
   ▼『文藝別冊/KAWADE夢ムック デヴィッド・ボウイ』(河出書房新社)、
      「ゴドー(GOD)を待ちながら」』寄稿
2014▼秋山伸とのアートジン『0g(0Gauge/ゼロゲージ)』(edition.nord) 発刊
   ▼1月24日東京現代美術館 content「FRUE」でDJ。Svrecaと共演
   ▼3月 特集idea アイデア363
      「 阿木譲のエディトリアル・デザイン 」 Editional Design of Yuzuru Agi
    ● idea 「アイデア」363

2014.3▼4月 0g+IDEA presents 『 DE/construct updating modernism 』
        4.8-29 NADiff modern
●Exhibition [ Cabinet of Sound: Editorial Design of AGI Yuzuru ]4.13
           Bunkamura/NADiff modern
●Lecture+Sound Talk [ decode, abstract, evocation ]4.19 Super Deluxe
●Video Talk+Live+bricolage [ 0g night: Do Bloom in the Silence ]
   ▼5月,
   ▼6月 May 30 friday, June 3 Tuesday, June 8 sunday
     「0g night UN/expressionism」@ nu things

”’創刊誌”’
*『ロック・マガジン』1976年~1984年、1988年(復刊)
*『fashion』1980年
*『EGO』1985年~1987年
*『infra』1999年~2001年
*『BIT』2002年
*『0g』2014年

”’著書”’
* 『ロック・エンド』 工作舎、1980年。
* 『イコノスタシス』 インピタス、1984年。
* 『E』 neu product、1990年。

”’外部リンク”’
* [http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1010.html
松岡正剛の千夜千冊『イコノスタシス』阿木譲]
* [http://nu-things.com/ nu things]
* [http://allabout.co.jp/entertainment/technopop/closeup/CU20051017A/index2.htm
テクノポップの起源
]

 

 

■Wasabro VII ______________________________
インダストリアルノイズユニット “action
directe©(1995-)”、テクノポップユニット”アホロートル(2003-)”等で活動、阿木譲がプロデュースする”nu
things”への出演、東京”Aoyama Tunnel”のレギュラーDJでは”0g”掲載のContemporary Modern
Musicを積極的にPlay中。今回は”0g_02.5”掲載のアーティストを中心に選曲予定。
http://www.actiondirecte.net/

 

■asyl cahier _______________________________
2013年NYより帰国。呪術的かつ未来的、そしてサイケデリックなエッセンスを携えたハウス/テクノグルーヴを得意とする。また、ダンス・ミュージックのみならず民族音楽・実験音楽・ダブ・ジャズ他、ジャンルを越境したエキゾチックなフリー・スタイルのDJにも定評がある。過去にはFred
P、DJ Qu、Baaz、Eric Cloutier、Vril、Konstantin (giegling)、John
Osborn、Kyokaらと共演。ドイツで毎年開催されている歴史あるフェス、Fusion
Festivalにも招聘される等、活躍の場を国内外問わず着実に広げている。
https://soundcloud.com/asylcahier/

▲Back

9/7(Sun)

【Acacia Leaf Presents "the live" Phase.Final -The Last Dance-】

Lounge (House, Trance, etc...)
15:00~22:00
¥1700 (1D)

http://twipla.jp/events/83790

★Guest DJ>
agio (The Garage Trip)
takechonbo (日々そこにある夜)

"the live" DJ>
mofu (go fun night! / Acacia Leaf Project / The Garage Trip)
音速 (deeepa)
DJ.Manabirds (RG Solid Xtreme / iNSPiRE / Yoh!Kai)
DJ J★M (byrjun records)
kazpulse (human in da box / GROOVE RADAR)
DJ FM (PIKAGRE PROJECT)

"the live" VJ>
Tigiri
and more...?!

"the live" Staff>
がーちゅけ

"the live" Event Producer & Photographer>
Lin-ya Kanzaki (Acacia Leaf Project / Northern Spark To The World!!)

沢山の感謝を込めて、"the live"ここに閉幕―――。

最終回の今回は、イベントオーガナイザーLin-ya Kanzakiにとっての思い出深い地・西麻布BULLET'Sにて、前回に引き続く和やか空間をお届け致します。
ゲストはオーガナイザーLin-ya、サブオーガナイザーmofuの恩師であるソウルフルハウスDJ・agioと、氏が主催するイベント『日々そこにある夜』のレジデントDJ・takechonboのお二方をお迎えし、ほんわり和やかな空間をより鮮やかに演出致します。
靴を脱いで上がる絨毯の和やかな空間で、素敵な音楽と美味しいお酒と料理を楽しみましょう!

"the live"今回で最終回となります。最後はオーガナイザーにとって思い入れが深い西麻布BULLET'Sさんでまったりと。
是非ごゆっくり楽しみに来てください。これでさよならじゃない。きっとまた会える。

▲Back

9/8(Mon)

【Indian Music Lounge】__毎月第2(Mon)__

Traditional and modern Indian, latest Bollywood and Film music
19:00~23:00
¥1000(1D)
フロアは禁煙(外に喫煙スペースあり)

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/324531921053090/

DJ>
Yuka Mikami
Masato Maedomari (Moonks) 
babyQ
DJ PRK
印度映画広報委員会 Indian Film Information Centre/ Riho Aihara

▲Back

9/9(Tue)

【紅に 滲んで 溶ける 旋律腺】 ~旋律腺spinoff~

北インド古典音楽
18:30~23:00
¥2000(1D)

予約・問い合せ HYPERLINK "mailto:ragagland@gmail.com" (根岸)

LIVE>
根岸フミエ(歌)
池田絢子(タブラ)

DJ>
DJ Ching☆Kong

Peroformance>
Ching☆Kong 

むかしむかし
それは
神様のためでもなく森羅万象のためでもなくマハラジャのためでもなく、殿方らを悦ばせるために歌い、詠まれ、踊られていたの。
魅惑の煙に恍惚となり、快楽の限りがそこで繰り広げられ、生と性と死が三位一体となった秘密の世界が、重い重い扉の向こうで繰り広げられていたの。

いま
その重い扉が開くの。あなたのために。
その秘密を
その愉楽を
その事件を
目撃しにいらしてね。

北インド古典音楽の世界を独断と偏見で再構築したお耽美サロン、六本木の赤絨毯クラブBulletsに一夜限りオープンいたします。
お耽美演奏、お耽美DJ、お耽美ガールズたちが、みなさまを愉悦の世界へご招待。
怖がらなくっていいのよ、みなさん、ちゃんとおててを引いて連れて行ってあげますから♡

~旋律腺raga glandとは~
それは体内に張り巡らされた、美律に感応する観念毛細血管。
旋律(ラーガ)とリズム(ターラ)の綾が織りなす細密アラベスク、北インド古典音楽。
旋回し旋回し旋回し続ける旋律に、共鳴し共振したあなたの旋律腺の腺内を駆け巡る官能に身も心もゆだねてみませんか。

 

■根岸フミエ

■池田絢子

■DJ Ching☆Kong

■Ching☆Kong 

 

▲Back

9/10(Wed)

【TumbleFish】_毎月第2(水)_

HOUSE,TECHNO,NU DISCO,and ALL UNDERGROUND MUSIC
19:00~23:00
●●●エントランスフリー●●●

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/1458733671078679/

★GUEST DJ>Tetsuya Itikawa

Organize>ryota kojima
resident DJ>Nao Yamamoto / Kensuke Fujita

クリエイティブ・コミューンにとっての秘密の隠れ家[西麻布bullet's]にて、
次世代のDJプレイの在り方を模索するパーティを開催します。
レコードからPC、果てはシンセサイザーに至るまで
既存の価値観を新しい解釈で切り取るリズム・ジョッキーを輩出します。

 

※DJ/ライブアクト常時募集______________________
クラブカルチャーから派生する様々な音楽を操るパフォーマーを募集します。
サンプラーやシンセサイザー、DAWを使ったライブプレイなどなど、
新しいパフォーマンスに興味のある方は
是非TumbleFishまで「実験」しにいらして下さい。
経験不問。DJプレイ初心者の方も歓迎します。

■Tetsuya Itikawa
ROCKバンドOUTWAVEでo-westで200人を前に演奏するなど、
精力的にLIVE活動をした後、作曲家へと転身。
EDM、ROCKの楽曲制作&提供をおこなう。今回はDJを担当。
音を扱ったバイラルメディアWASABI-GIRLの編集長。
http://flatevent.com/member/tetsuyaichikawa/

▲Back

9/11(Thu)

▼▼▼【伊東篤宏 presents...TRONITO vol.39 】▼▼▼
 ___ 基本毎月第3(水) __今回はイレギュラー__

NOISE,INDUSTRIAL,TECHNO,HOUSE,ACID,
ロカビリー,HIPHOP,MINIMAL,NO FUTURE,etc…..
19:00~23:00
●●●エントランスフリー●●●

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/1456425957951923/

LIVE>
▶伊東篤宏 [OPTRON]
▶Motoki Hada
▶浮浪 [AMC/B_INDER/Cyfer inc./美貴ハウス/ナイス街]
   with
_ BACK DJ _ Ego Da Template [AMC/THFP]
▶shanaikinkan/シャナイキンカン

DJ>
▶LOVE&暴力
▶Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]
▶HARRY:淑蘭◎ [BULLET'S/SECOND LOBBY]


▼▼▼
それぞれのソロライブの後、最後に伊東氏との1組ずつ
(スタイルは当日伊東さんの判断で決まります)の
__ セッションタイム !!!!!!!! ___


▼▼▼【出演者募集!】▼▼▼
この通常TRONITOから、不定期開催のスペシャルへもブッキング中!
<参加費&ノルマゼロ・ドリンクチケットプレゼント有!>
まずはこちらまでメールを!info@bul-lets.com


 
___ オリジナルカクテル ___
『TRONITO』


刺激的電撃飲料 辛・甘・酸 蛍光灯吸口付
 

▼伊東篤宏 [OPTRON]


1965年生まれ。1980 年代後半より美術作家として活動を始める。98年から展覧会などでサウンド・パフォーマンスを開始し、インスタレーション作品と同素材である蛍光灯を使用した自作音具「オプトロン」を制作。数々の改良を加えつつ現代美術側からの音あるいは音楽へのアプローチを世界各国で続けている。数々の個展やソロ・パフォーマンスの他にOptrum,今井和雄TRIO,OFFSEASON,等のバンドやユニットでも活動中。
またここ数年はカールステン・ニコライらの「diamond version」へのゲスト参加や
アンダーグラウンドHIP HOPレーベル「BLACK SMOKER records」からのCDリリース等、
ジャンルや音楽スタイルの枠を飛び越えた幅広い展開を見せている。
http://www.gotobai.net/

▶Motoki Hada


DJ、プロデューサー、トラックメーカー。
マッドチェスター、UKレイヴカルチャーに影響を受けトラックメイキング、DJ活動をスタート。
ドイツ•ベルリンのレーベル「Berlin Aufnahmen」やミュヘンのテクノレーベル、「Eminor」(日本人ではAKIKO KIYAMAがリリース)の傘下「EMINOR BINARY」よりリリースする。
ラップトップを使ったトラックのクオリティとライブ性を競うバトル「Laptop Battle Tokyo Vol.6」で初出場ながら準優勝を果たす。
レッドブルが世界中のクリエイターを選出し、教育するプログラム「Red Bull Music Academy」の体験版「Red Bull Music Academy Bass Camp 2012」に国内10名のクリエイターとして選出される。

▶浮浪 [AMC/B_INDER/Cyfer inc./美貴ハウス/ナイス街]
   with
    _ BACK DJ _ Ego Da Template [AMC/THFP]

2011年夏にAMC(AkibaMadnessCrew)を発足。20代を中心に総勢12名のメンバーを集める。
2011年10月よりHIPHOP MC活動を始めそれに伴いクルー全体の活動も活発化していった。
翌年2012年10月13日に秋葉原MOGRAで【Akihabara.Music.Club party】を主宰、開催し成功を収め、これがきっかけで自身もDJを始める。
2013年には、アニメなど日本のサブカルチャーとHIPHOPストリートカルチャーをクロスオーバーしたファッションアパレルブランド「Cyfer inc.」を立ち上げ、ディレクターとしても活動している。
___ 9/27~【μ'sic party vs B_INDER】__各月第4(土)__をスタート!

▶ shanaikinkan/シャナイキンカン


HERNIA、satoko wakaranthus、Alcohol100%ピカチュウからなるトリオ。sounddevicelabo-HERNIAによる自作楽器での演奏を軸に、satokoの変則的なビートが絡み原始的であり電気的である音の渦を奏でる。
http://shanaikinkan.wordpress.com/
http://herniasoundstudio.wordpress.com/

▼▼▼▼▼▼▼▼
長年【泳ぐ】をオーガナイズしているチームから成る「シャナイキンカン」!
自作のエフェクター等も製作&販売、
どんなジャンルでも歌&アクション付きで自分のモノにするDJでも活躍中のHERNIA、
繊細な音と雰囲気でその場の空気を切り刻むsatoko wakaranthus、
常にすさまじいパワーを発光しているAlcohol100%ピカチュウ!!!

◁△▷▽.....
時代を見つめて転がり続け、全方向を愛したいBULLET'Sの良き理解者たち。
そんな【泳ぐ】も、もちろん【BULLET'SEN】同様、ジャンル100%パーティ!

Abut "OYOGU"/泳ぐとは~?2007年頃より不定期に開催する境界線型イベント。
シャナイキンカンというノイズインプロバンドを軸に様々な角度のフリーな出演者を呼びジャンルレスな夜を演出して来た。

過去出演者___
スプツニ子!、テーリテムリッツ、ASTRO(Hiroshi Hasegawa)、
Evil Moisture(from France)、Kez YM、くふき、黒電話666、Kaseo、恥骨 ..... etc

_______________ TEXT by HARRY:淑蘭◎

▶LOVE&暴力


RINDA[ラブ担当]NAOとヨシミ[暴力係]ネモトによるロカビリーDJデュオ。
'50sカルチャーに対する愛情と造詣の深さを選曲とファッションで表現する、地下アイドルならぬ地底アイドル。
ちなみに愛読誌はティーンズロード。

▶Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]


東京在住。
幼少時にバイオリンをはじめ、後にギタリストとしてアーティスト活動を開始。
自身が参加するバンドへのコンピュータ導入をきっかけに、
2007年から電子音楽の制作を始める。
“無機物が有機的に織り成す空間”をコンセプトに、ストイックであり微細な生命を感じるトラックを手掛ける。 DJとしても稀に活動している。
http://www.hz-records.com/

【VALVE LOUNGE】毎月第1(水)を
Kazuki Muraoka [Adapt Records] と共に主催。
http://valvelounge.tumblr.com/
(9月は1回休み)

▶HARRY:淑蘭◎ [BULLET'S/SECOND LOBBY]

.[BULLET'S compilation 02] for 15th year! _______
ブレッツ15周年イヤー、フリーダウンロードコンピレーション企画、
NON GENREなアーティストが続々登場!


https://soundcloud.com/bullets-nishiazabu

9月
▶Koppi Mizrahi [コッピ・ミズラヒ]
▶”NOBUNAGA” Yudai Kogawa [くふき/animal ]
▶michica yo         
▶Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]

2005年の コンピレーション01から約8年、
ブレッツの過去~現在をまとめてマンスリーフライヤーをジャケットに、今年1月~毎回2組以上のアーティストをFREE DOWNLOAD形式でリリースしています。
各月ごとのリリースアーティストはその月内限定リリース

12月or1月には全ての楽曲を再度まとめてUP、アルバムとして機能すると同時に、スペシャルデイ<11月頃発表>には、ブレッツに足を運んで頂いた方限定のスペシャルREMIX入りCDをプレゼント!
15周年へ向けて毎月変化してきた、そしてこれからも変化し続けていく、
常に生きているブレッツに是非ご注目下さい!

___1~8月アーティスト [6月はお休み月] ___
1月▶伊東篤宏 [OPTRON]   ▶Jinmenusagi from LOW HIGH WHO?
2月▶lycoriscoris   ▶Pq ▶Kazuki Muraoka [Adapt Records]
3月▶モーリー・ロバートソン ▶SUNAO INAMI [electr-ohm]
  ▶Drastik Adhesive Force ▶Hiromi Sunaga
4月▶34423  ▶本田みちよ  ▶mal da kid [chaplin production]
  ▶FRUITY [SHINKARON] ▶gben
5月▶Sputniko! / スプツニ子! ▶Primula [Neguse Group]
  ▶hanali [GORGE.IN]  ▶SFH ▶DDHS [Dual Dance Hall Shinseiki]
  ▶佐藤まいこ [Maiko Elizabeth Sato Karam]
7月▶志茂田景樹 ▶SHabUSHabU ▶Smany
  ▶himeshi ▶内田るん [ex.くほんぶつ] ▶Paina
8月▶動く指  ▶inotsume takeshi   ▶KΣITO [Keito Suzuki]
▶小林うてなと急げヘリコプターたち ▶shanaikinkan/シャナイキンカン

▼ブレッツWEB▼
http://bul-lets.com/

◉自主企画イベントの主な過去のゲスト出演アーティスト◉
細野晴臣,志茂田景樹,DJ WADA,Q'HEY, NUMB,KARAFUTO,OKIHIDE a.k.a.CX AUDIO
IE,AUTORA,モーリー・ロバートソン,CHAOS,MarcWiser
[RECHENZENTRUM],MAYURI,ツジコノリコ,POiSON GiRL FRiEND, 煙巻ヨーコ,DJ
Amiga,グーテフォルク,miroque,マドモワゼルユリア,スプツニ子,COM.A,川染喜弘,DE
DEMOUSE,オオルタイチ,GOTH-TRAD,KEIHIN,Fragment,
Rashad Becker,伊東篤宏,SUNAO INAMI [electr-ohm],Gonno,KIMKEN,BUSHMIND,
HARUKA [FUTURE TERROR],jinmenusagi from LOW HIGH
WHO?,カール・ストーン,國枝志郎,二見裕志,kujun,shiba@FreedomSunset,白石隆之,HiBiKi
MaMeShiBa,Drastik Adhesive Force,SHabUSHabU,galcid,34423,KEITA MAGARA
[dance rodriguez],GoRo,ECD+ILLICIT TSUBOI,hanali [GORGE.IN],小林径 [New
Tribe],MOODMAN ..............................等々多数。

▲Back

9/12 (FRI)

▶▶▶ 毎月の【出演者募集】◀◀◀
ブレッツ presents【BULLET'SEN ブレッツェン_vol.80】

_毎月第2(金)_

NON GENRE
21:00~5:00+AFTER HOURS!!!!!
●●●エントランスフリー●●●

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/280863068771592/

LIVE>
◯Smany
◯himeshi+TPSOUND+k-over
◯Lost budda

LIVEDJ>
◯michica yo

DJ>
◯MAKI SHIMODA [rural,addictedloop/BULLET'SEN/SECOND LOBBY]
◯Yoshinori Hayashi [MOO]
◯maki [helix]
◯Kyohei Fujimoto
◯Ayako Nakazawa
◯olkman [クラブ甲子園/百姓レコーズ]
◯dj calcium aka DADADA. [BaaakBonkdom / Cockroacheee’z]
◯ayaco
◯印度映画広報委員会 Indian Film Information Centre/ 
 Riho Aihara [Indian Music Lounge]
◯HARRY:淑蘭◎ [BULLET'S/SECOND LOBBY/SENDER LIPS]

 

▶▶▶毎月の【出演者募集】_____________
この通常ブレッツェン出演者の中からも、
5/24には▶志茂田景樹◀▶細野晴臣◀▶モーリー•ロバートソン◀も出演した、
不定期開催のスペシャルへブッキング中!
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ライブ、 DJ、パフォーマンス、対談、お笑い、映像、ファッションショー、作品展示、インスタレーション、フリマ、占い、フード,etc..
●参加費:¥2000のみ_3D付!
info@bul-lets.comまで。

___ オリジナルカクテル ___
『BULLET'SEN』

“ちっちゃなブレッツ”がここに。
赤絨毯に切り株(サラミ)/ベッド(チョコレート)/
白壁(塩のスノースタイル80%)/
瞬間の奇跡(ズブ ロッカを浸 した角砂糖)への炎は次第に青みを帯びて、
赤い光の空間(カンパリ×チンザノロッソ×ビール)へと溶け合ってゆく・・・・・。
まさにブレッツェンのような<NON GENRE>ワールド。

 

◯Smany


juri kawakamiによるソロプロジェクト
自身の子供に即興で子守唄を歌い聴かせていたことがきっかけで作曲活動を開始。
仕事と家事の合間に趣味で音楽制作をしている。
2013年6月に分解系レコーズより1stアルバムkomoriutaをリリース
https://twitter.com/smany000
Bunkai-Kei records
http://bunkai-kei.com/
https://twitter.com/bunkaikei
▼▼▼▼▼▼▼
ブレッツ15周年記念フリーDLコンピレーション企画7月に参加しました

【分解系なお茶会】 _奇数月第4(火)_にたびたび出演。
その、ヒッソリとも力強さを感じる不思議な存在感で聴く者を惹き付ける、不思議系主婦アーティスト。
子持ちとは思えぬ衝撃的な内容の歌詞とダーク・メランコリックなメロディーに、心をくすぐられッパナシ。
圧倒的な歌唱力も際立っているこの楽曲は、
えすめにーの他トラックとは明らかに異彩を放っている。
 _______ text by BULLET'S/HARRY:淑蘭◎
<7月分は公開終了。
 12月or1月には全ての楽曲を再度まとめてUP、
 ブレッツにてスペシャルデイに、REMIX入りCDをプレゼント!
 
7月、Smanyとの同時公開は▶志茂田景樹▶SHabUSHabU▶himeshi
 ▶内田るん [ex.くほんぶつ]▶Painaの5組でした。
 
 現在8月はこちらで公開中
 ↓ ↓ ↓
 https://soundcloud.com/bullets-nishiazabu

◯himeshi


埼玉県在住。1989年生まれ。スケート・グラフィティクルー「RDN」 所属。MC。
2012年にEP「KURAYAMI NIRAI KANAI ep」をリリース。
過去にアブストラクトヒップホップコンピレーションアルバム
「ANARCHIST」に参加。
ネットコンピレーションアルバム 「FOGPAK #2」に盟友dj kamikazと共に参加。
2013年、犬に噛まれて血が出るハンデを負いながらも
MIX TAPE「mode pacemake」をフリーダウンロードでリリース。
将来の夢はケーキ屋さん。
https://soundcloud.com/search?q=himeshi
▼▼▼▼▼▼▼
ブレッツ15周年記念フリーDLコンピレーション企画7月に参加しました
 ↓
かつてレギュラー開催されていた【metropolis】や【BULLET'SEN】、
【伊東篤宏 presents.....TRONITO _special_ 】などを始め、
ブレッツには数多く出演。
ファニーなルックスとはウラハラな攻撃的ラップをすることもありますが、今回は粘度のようにこねくり回されていながらも自由に転がるヒメシ節が炸裂!!
モッチリ感と抜き足差し足のやみつきフィーリング満載。
栗ごはん感覚のテレパシーを使って、
全身で以心伝心して前進しよう===333
http://metropolis-system.tumblr.com/
 _______ text by BULLET'S/HARRY:淑蘭◎
<7月分は公開終了。
 12月or1月には全ての楽曲を再度まとめてUP、
 ブレッツにてスペシャルデイに、REMIX入りCDをプレゼント!
 
7月、Smanyとの同時公開は▶志茂田景樹▶SHabUSHabU▶Smany
 ▶内田るん [ex.くほんぶつ]▶Painaの5組でした。
 
 現在8月はこちらで公開中
 ↓ ↓ ↓
 https://soundcloud.com/bullets-nishiazabu

 

◯Lost budda


メンバーは、他のアーティストへの楽曲提供も行っている、奇才・MORI KOZABURO (vo.ギター、ピアノ、シンセサイザー、作詞作曲)を中心に、 他にもエンジニア、映像、コーラスなどの、多彩なメンバーで構成されている。
Lostbuddaの世界観を一緒に楽しんでいただきたい。
https://www.facebook.com/pages/Lost-budda/666829036736635

◯michica yo


https://twitter.com/royalgroupieTYO
2011年に解散したPaperBagLunchboxで浮遊感のあるシンセや轟音ノイズなどを作り出していたキーボーディスト、恒松遙生。
2014年夏、ミチカヨウ(@michicayo)への改名と同時に、自ら主宰する多ジャンルボーカルレスバンド「Royal Groupie」を始動。
ボーカルやパフォーマーと制作した楽曲をwebオンリーで随時発表。その後、フルアルバムやリリースパーティなども予定。
主なドグマはエレクトロニック、ポストダブステップ、ブロステップ、トラップ、ポストロック、ノイズ、プログレ、フュージョン。

ROYAL GROUPIE Tralier(late in 2014 summer) "The Memorial Service"
https://www.youtube.com/watch?v=ybNcAa1GI_I%3Fhd%3D1

 

◯MAKI SHIMODA [rural,addictedloop/BULLET'SEN/SECOND LOBBY]


90年代からDJ活動を始め、自身でオーガナイズ+ DJをしたり、
都内数々のパーティ、クラブでプレイをして現在も地道に活動中。
現在は、chaplin(中目黒solfa 膈月第3日曜日)に出演、
BULLET'SEN (@ 西麻布BULLET'S 毎月第2金曜日)、
addictedloopのレジデントDJを務める。
http://www.addictedloop.com/

◯Yoshinori Hayashi [MOO]


今はなきManiac Loveからキャリアをスタートさせ、都内各所で気鋭のプレイを展開。Leftfield Houseを基調にDisco、Jazz、World Musicを横断し現代音楽の語法をもフィルターにかける彼のセットは、単なる物語の提示に埋没することなく独自性を追求しサウンドの快楽だけではない強烈な「音楽的思惑」を持ち込む。
メインストリームからあえて離れ、時に危ういボーダーを往来するプレイ。それは定評のある繊細でしなやかなmixによる抜群の安定感に裏打ちされている。
現在は現代音楽シーンで国内外から高い評価をうける作曲家・野澤美香に師事、作曲活動に重心をシフトし実験的でコンテンポラリーなアプローチをシーンに提示する。なによりも音楽的ロジックを最優先する彼の感性は今まさに渇望されている新しさかもしれない。
http://yoshinorihayashi.flavors.me/
SoundCloud
http://m.soundcloud.com/yoshinorihayashi13
Mixcloud
http://www.mixcloud.com/Ryoken/

◯maki [helix]


昭和61年生まれのダルビッシュ世代。
幼少の頃から遊びは日が暮れてからと決めていた好き者。
いつからかクラブに足を運び、スピーカー、
音と向き合う事に没頭する様になる。
物音と持続音とノイズが大好物。
「helix」is ...
幡ヶ谷FORESTLIMITや、
南太田GALAXYで不定期開催されている実験音楽パーティー

◯Kyohei Fujimoto


東京在住。DJ&トラックメーカー。
90年代後半にsquarepusher Ultravisitorに衝撃を受けダンスミュージックの門を叩き、DJを始める。
Perlon、[a:rpia:r]、sex tag mania、workshopなどのレーベルから影響を受け、独特なグルーブの中に怪しさとサプライズを散りばめたスタイルは聞くものを驚かせる。
2010年からトラック制作を開始し、
海外のレーベルからリリースが予定されている。
https://soundcloud.com/kyohei-fujimoto

◯olkman [クラブ甲子園/百姓レコーズ]


百姓レコーズ所属。クラブ甲子園主催。幼少期にデトロイトテクノから影響を受けDJを開始。プログレッシブに展開しつつもテクノならではの硬質なビートを調和させたプレイはまるで90年代のクラブシーンを彷彿とさせる。
olkman主催の【百姓レコーズ Presents クラブ甲子園 Vol.3】]は10月!
~TECHNO第一工業~私立EDM学園~

~ ベース大付属 VS ヒップホップハイスクール ~
と来て、今度は ~トランス vs アニメ~ との噂も!!??

 

◯dj calcium aka DADADA. [BaaakBonkdom / Cockroacheee’z]

1985年の8月夏に生まれたディージェイ男子。背番号24番。
サウンドデザイン、選曲、ゲームデザイン、ウェブデザイン、プログラミングなどやってます。
海が近くにあるプール付きのホテルで寝そべってたいようなそんな夢見てます。
クリックからダブステップ、UKガレージ中心に巡り巡って選曲してます。
騒音問題と戦う日々。・・・なにとぞひとつ!

http://dubconscious.minim.ne.jp/portfolio/

 

◯ayaco

 

◯印度映画広報委員会 Indian Film Information Centre/ 


 Riho Aihara [Indian Music Lounge]
20以上の言語、年間1,300本以上の映画が制作されているというインド。日本で公開される作品は2桁にも上らないが、近年、アジア各国でのインド映画人気が上がり、日本公開本数も少しずつ増えている。
インド映画人気を上昇気流に乗せたいと、
2012年に設立された印度映画広報委員会は、
音楽部門の活動として、”Indian Music Lounge”を2013年より開始。
2014年7月からは場所をBullet’sに移して毎月開催。
__ 次回 [Indian Music Lounge]は9/8(MON) _毎月第2(月)__

◯HARRY:淑蘭◎ [BULLET'S/SECOND LOBBY/SENDER LIPS]


▶HARRY:淑蘭◎ [BULLET'S/SECOND LOBBY]

.[BULLET'S compilation 02] for 15th year! _______
ブレッツ15周年イヤー、フリーダウンロードコンピレーション企画、
NON GENREなアーティストが続々登場!


https://soundcloud.com/bullets-nishiazabu

9月
▶Koppi Mizrahi [コッピ・ミズラヒ]
▶”NOBUNAGA” Yudai Kogawa [くふき/animal ]
▶michica yo         
▶Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]

2005年の コンピレーション01から約8年、
ブレッツの過去~現在をまとめてマンスリーフライヤーをジャケットに、今年1月~毎回2組以上のアーティストをFREE DOWNLOAD形式でリリースしています。
各月ごとのリリースアーティストはその月内限定リリース

12月or1月には全ての楽曲を再度まとめてUP、アルバムとして機能すると同時に、スペシャルデイ<11月頃発表>には、ブレッツに足を運んで頂いた方限定のスペシャルREMIX入りCDをプレゼント!
15周年へ向けて毎月変化してきた、そしてこれからも変化し続けていく、
常に生きているブレッツに是非ご注目下さい!

___1~8月アーティスト [6月はお休み月] ___
1月▶伊東篤宏 [OPTRON]   ▶Jinmenusagi from LOW HIGH WHO?
2月▶lycoriscoris   ▶Pq ▶Kazuki Muraoka [Adapt Records]
3月▶モーリー・ロバートソン ▶SUNAO INAMI [electr-ohm]
  ▶Drastik Adhesive Force ▶Hiromi Sunaga
4月▶34423  ▶本田みちよ  ▶mal da kid [chaplin production]
  ▶FRUITY [SHINKARON] ▶gben
5月▶Sputniko! / スプツニ子! ▶Primula [Neguse Group]
  ▶hanali [GORGE.IN]  ▶SFH ▶DDHS [Dual Dance Hall Shinseiki]
  ▶佐藤まいこ [Maiko Elizabeth Sato Karam]
7月▶志茂田景樹 ▶SHabUSHabU ▶Smany
  ▶himeshi ▶内田るん [ex.くほんぶつ] ▶Paina
8月▶動く指  ▶inotsume takeshi   ▶KΣITO [Keito Suzuki]
▶小林うてなと急げヘリコプターたち ▶shanaikinkan/シャナイキンカン

▼ブレッツWEB▼
http://bul-lets.com/

◉自主企画イベントの主な過去のゲスト出演アーティスト◉
細野晴臣,志茂田景樹,DJ WADA,Q'HEY, NUMB,KARAFUTO,OKIHIDE a.k.a.CX AUDIO
IE,AUTORA,モーリー・ロバートソン,CHAOS,MarcWiser
[RECHENZENTRUM],MAYURI,ツジコノリコ,POiSON GiRL FRiEND, 煙巻ヨーコ,DJ
Amiga,グーテフォルク,miroque,マドモワゼルユリア,スプツニ子,COM.A,川染喜弘,DE
DEMOUSE,オオルタイチ,GOTH-TRAD,KEIHIN,Fragment,
Rashad Becker,伊東篤宏,SUNAO INAMI [electr-ohm],Gonno,KIMKEN,BUSHMIND,
HARUKA [FUTURE TERROR],jinmenusagi from LOW HIGH
WHO?,カール・ストーン,國枝志郎,二見裕志,kujun,shiba@FreedomSunset,白石隆之,HiBiKi
MaMeShiBa,Drastik Adhesive Force,SHabUSHabU,galcid,34423,KEITA MAGARA
[dance rodriguez],GoRo,ECD+ILLICIT TSUBOI,hanali [GORGE.IN],小林径 [New
Tribe],MOODMAN ..............................等々多数。

▲Back

9/13_1 (SAT)

【放課後18時 vol.09】_毎月第2(土)_

HOUKAGO
18:00 - 23:00
男子:¥1500+1D ORDER
女子:¥500+1D ORDER

WEB:http://www.facebook.com/houkago18.web

LIVE>藤巻君と愉快な仲間達

LIVE&Radio>INOCCHI

DANCE>平和台シャベッターズ

DJ>
slv + kon
julio (UNUNIVERSAL)
Nico
DJ&RAP>長谷川エンタテインメント (HET/DIET)

放課後、友達の家でゴロゴロしていたあの頃のように。
そんな場所が欲しくて出来たイベントです。
友人との飲み会の場に。
帰りにふと寄りたくなる行きつけの場に。
ちょっとした特技を披露できる場に。
一面絨毯のBULLET'S(ブレッツ)というお店で、
好きな人と、好きな時間に、好きなように
過ごしてもらえたら嬉しいです。
笑って、リラックスして、少しだけ刺激的な時間をあなたに。
(DJ、LIVE、生ラジオといったコンテンツ多数!!)

▲Back

9/13_2 (SAT)

【Our Telepathy 09】 ~LAST SONG~

ジャンル>Saori@destiny
23:45~6:00
●●●エントランスフリー●●●

S@d Only Only OnlyOnly All Night @last !!!

▲Back

9/14(Sun) before holiday

【教室#9】~モノづくり(とその流通)~

Education/Fabrication/
18:00~22:00
¥1000(1D)

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/373106506171906/

▼FBページ▼

https://www.facebook.com/kyoushitsu?fref=ts

:::Guest:::
ヌケメ
テクノ手芸部
井上恵介(Fablab shibuya)
秋山慶太(電化美術)

:::DJ&VJ:::
Yasuhiro Hoshino

http://kyo-shitsu.net/

■NUKEME/ヌケメ
http://nukeme.nu/
2008年より辺口芳典氏の作品提供を受けてブランド活動を開始。2012年、ミシンの作動データにグリッチを発生させる「グリッチ刺繍」が第16回文化庁メディア芸術祭に選出される。

■テクノ手芸部
http://techno-shugei.com/
2008年結成。かすやきょうこ、よしだともふみによるアートユニット。
手芸と電子工作という異なる領域を組み合わせた作品を『テクノ手芸』と名付け、作品制作やワークショップを展開。
2014年法人化、株式会社オブシープとしても活動を開始。

■井上恵介(Fablab shibuya)
http://www.fablabshibuya.org/
1981年ロサンゼルス生まれ。ファブラボ渋谷ディレクター。
多摩美術大学情報デザイン学科助手を経て、現在に至る。デジタル・アナログを問わず様々な工作機械に精通し、様々なメソッドからアイデアを形にすることを専門としている。製品のプロトタイプ製作から店舗ディスプレイ、1点もの・小ロットの作品制作などを手掛けている。

■秋山慶太(電化美術)
http://www.denbi.org/
http://keitaakiyama.com/
1988年生まれ、多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業。調理器具メーカーに勤務し、製品デザインを行っている。
2012年インターフェースデザイナー集団「電化美術」に参加。以後半年ごとに企画展を行う。

■Yasuhiro Hoshino
プログラミングによる映像表現を主軸とし、2011年から2012年にかけて、VJチームの一員として活動。約2年の休止期間を経た後、2014年8月より個人にて活動を再開。

■Ueda Shinpei
大学4年。DJ活動しつつ、大学ではキネティックで物質的なサウンドアートの制作と研究中

Special Supported by
TMUG

Presented by
siranon × MikiOSAWA

▲Back

9/15(Mon) holiday

【"PROTOCOL" 】

18:00~23:00
ENTRANCE FREE

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/844495285562284/
?ref_dashboard_filter=upcoming

★GUEST>
headphone science (n5MD/enpeg)

LIVE>paina

DJ>
buna
escoval
Dela
kazuya suwa

 

■ Headphone Science
Headphone Science is an alias of Oakland, California resident Dustin
Craig. A creator of Electronic music since 2000, Craig has pulled from
all genres/styles of music to evolve into his own voice. Since his
debut release, "We Remain Faded" on Montréal label Notype, concepts
and themes of human emotions and life experiences have been an
integral part of each of his releases. Balanced with the usual
experimentations in sound, a cinematic quality to his music is always
present, which is even more evident when listened through the means
his alias implies, headphones. Always evolving into the unexpected,
there’s never any telling where Craig will venture next and this may
be one of this artist’s most interesting traits.

▲Back

9/16(Tue)

【MUSIC SHARE#27】feat.moph records
_偶数月第4(火)_奇数月第3(火)_

ELECTRONICA
19:45~24:00 (配信は20:00~21:30)
¥1200(1D)

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/389156441216912/

 

LIVE>mergrim × kazuya matsumoto 

DJ>DJ蟻

司会>本田みちよ,萩原佳明

 

▼配信はこちらから▼

http://www.ustream.tv/channel/music-share

■WEB■
http://www.musicshare.jp
■facebookページ■
https://www.facebook.com/MUSlCSHARE?ref=br_rs

観覧はお気軽にお越し下さい!
混み合った場合、入場制限する可能性がありますので、観覧に来られる方はご予約を!DMか以下のアドレスにメールを下さい!お名前とご連絡先(メアドか電話番号)を書いて頂ければOKです!件名は番組の日程を!→musicsharem4il@gmail.com
 
■MUSIC SHARE■は、
日本の本当に素晴らしい音楽を世界中の人たちとSHAREする、WEB上のLIVE&TALK番組です。
2012年5月「真っ直ぐに良い音楽を伝えたい」という強い思いで、異なるバックグラウンドをもつ仲間が集まり、わずか2ヶ月後の7月に番組はスタートしました。
さらに京都にも仲間が集まって、2013年11月にはMUSIC SHARE KANSAIも始まりました。
ロック、テクノ、エレクトロ、クラシック、ブレイクビーツ、ジャズ、スカ、レゲエ、現代音楽・・などなど、ジャンルにとらわれずに魅力的な音楽、ミュージシャンをご紹介しています。
 “日本の音楽は世界から取り残されている?”
 “世界中で起こっている音楽潮流の激変って?”
 “20世紀型音楽システムの崩壊とは?”
音楽を巡る話題があちらこちらで語られているこの頃ですが、
未来の音楽シーンをつくるムーブメントは、もう、既に起こっています。
「新しい時代の音楽は、つくり手とつなぎ手と受け手が共に楽しみ、世界中の人たちとSHAREする。」
せっかく面白い時代に生きているのだから、わたしたちは流行や話題性、そして情報の大きさを超えた音楽との、ワクワクする出会いをつくりたいと思っています。
美味しい料理やお酒、オシャレ、本、映像、音楽・・素敵なことをたくさんの人と共有したいと思うのは、とてもプリミティブな欲求です。MUSIC
SHAREで、日本の素晴らしい音楽を世界中の皆さんと楽しめますように!
 
■■■ 偶数月第4火曜日、奇数月第3火曜日20時~ ■■■
世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する音楽番組「MUSIC
SHARE」生放送でお届け!本田みちよの京都弁はんなりMC、楽しくてためになる「とくさしけんごのクラシックアワー」とゲストによる素晴らしいLIVEを生放送でお届け!

【MUSIC SHARE 司会者プロフィール】______________
【本田みちよ】
ミュージシャン/MUSIC SHARE代表
京都出身。10歳の頃より京都市少年合唱団(ソプラノ)で小澤征爾指揮のボストン交響楽団,ウィーン少年合唱団と共演するなど、幼い頃より音楽の基礎を学び、音楽をを愛し、歌に親しむ。ボーイソプラノのような透明感のある歌声が定評だが、ボーカロイドのような無機質な声からアニメのようなキャラ声、しっとりとした大人声まで幅広い歌い方が出来る希有なボーカリストであり作曲もこなす。その実力は国内外のアーティストに認められている。
97年から2013年6月までOVERROCKETとして活動。WORLD ORDERの「2012」「PERMANENT
REVOLUTION」、吉岡徳仁 監修の「カルティエ展」会場内音楽に歌で参加、レオパレス21「それぞれの夢」、CITIZEN
CM「xC(クロスシー)」、話題沸騰中のiPhone
APP「星めぐりの夜」の歌など様々な分野で活躍する中、毎月1曲リリースするプロジェクト「Michiyo Honda Monthly
Release Project 2011」が話題を呼び、アニメ「ギルティークラウン」劇中歌(フジテレビ)、世界的人気を誇るゲーム「ファイナル
ファンタジー13-2」、人気アイドル麻生夏子のアルバムに曲提供。2012年7月から世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する音楽番組「MUSIC
SHARE」で司会を務めるなど活動の場を広げている。
Mijk van Dijkとの共作が石野卓球主催の日本最大の屋内テクノフェスティバルWIRE13のコンピレーションに収録され、横浜アリーナで行われたWIRE13でMijk
van Dijkのゲストボーカルとして出演し大成功を収める。
そして、2014年春、UQiYOとの奇跡的な出会いによって誕生した「THY
LUV」が国内外で大量にリツイートされ大きな話題になる。2014年4月、世界50カ国でミュージック1位を獲得する音楽ゲーム「Deemo」で歌った「I
Race the Dawn」が世界一の規模を誇る国際的な賞、Annual Game Music Awards
2013で最も優秀なボーカルテーマソングとして賞を受賞。現在、T-AKとのプロジェクトが進行中。https://www.facebook.com/M1CHIYOHONDA
●MUSIC SHAREのの大人気コーナー「ゲネマチ(現代音楽にネタを求めるのは間違っているだろうか)」でもお馴染みですが、先月から司会者に抜擢!
【萩原佳明】
1973年3月31日佐賀県佐賀市生まれ。実家は萩原蒲鉾。東京大学文科I類中退。アスキーで3年半ほど編集者生活を送った後に独立し、(有)プラスワン
デジタルを設立。現在の主なお仕事はWebサイトの企画・運営やサーバ管理、プログラム作成、データベース構築など。タモリ倶楽部出演で一躍話題になった
「時刻表の音楽」宜しくお願い致します。
 
●【とくさしけんご】______

1980年生まれ / 青森県出身 国内外での作品の発表の他、ソロアルバム『華麗なるホリデーの世界』、タナカカツキ
『AltoVision』、森川幸人『ヌカカの結婚』(ダ・ヴィンチ電子書籍アワード 2011 大賞受賞)、
『ファイナルファンタジーXIII-2』TVドラマ「推定有罪」サウンドトラック参加など。
その他、映画、TV、CM、ゲーム、展示、イベントなどのための音楽を多数手掛ける。 第 20 回日本現代音楽協会作曲新人賞、第 10
回東京国際室内楽作曲コンクール第一位受賞。

■■■mergrim (moph records,PROGRESSIVE FOrM,liquidnote)

兵庫県出身の音楽家、光森貴久によるソロプロジェクト。 電子音楽レーベルmoph records主宰。
これまでにアルバムをソロ/ユニット/ライブ・リミックス盤などで4枚リリース。
downy、川本真琴、miaou、smoug等のリミックスの他、YMOのカバー集[YMOREWAKE]、
またXperia™アプリ"Movie Creator"やGRANTURISMO6に楽曲提供。 また、Sound&Recording
MagazineにてCubase記事を短期連載やムック本への執筆なども行う。

ライブも都内を中心に精力的に活動。SonarSound Tokyo、DOMMUNE、EMAF TOKYOなどにも出演。
打楽器奏者Kazuya Matsumotoとのパフォーマンスは電子音楽の域を越えていると評判。
海外ツアーも2011上海、北京、2012ベルリン、ロッテルダム、ミュンヘンなどを敢行。 最新作はPROGRESSIVE FOrM x
mophより”Hyper Fleeting Vision”をリリース。
7月にはそのリリース・パーティを13人の演奏家を迎え行い、成功を収めた。 そこで出会った仲間とともに”THE MERGRIM
GROUP”を結成。更なる躍進へ望む。

http://www.mergrim.net
http://www.mophrec.net

■■■松本一哉 / kazuya matsumoto

石川県出身の打楽器奏者。
波紋音・銅鑼・シンギングボールなどの倍音を多く含んだ打楽器を中心に、音具・自然物・非楽器などの音の鳴るオブジェクトを用いて、音階や旋律ではなく音の響きそのものに重きを置いた演奏をしている。
万物のスケールから得たインスピレーションを自身のフィルターを通し音像へと落とし込む事で世界観を表現。
一般的な感覚からは逸脱したとしても、価値観や美意識に共鳴してくれる人や世界に音を届けようとしている。
2013年、瀬戸内国際芸術祭の関連事業「おとくち」プロジェクトにてグランプリを受賞。

http://www.horhythm.com/
http://m.soundcloud.com/kazuya-matsumoto

■■■DJ 蟻 [ari] [SoniCouture LIVE DJ SET] (moph records)

moph records所属。90年代中頃より大阪でDJ活動を開始。2001年から東京に拠点を移し、2006年に黎明期のmoph
recordsに加入。Plaid, Ulrich Schnauss, i am robot and proud, Ian O’brien,
Claude Young Jr., TM404/Andreas Tilliander,竹村延和, dot i/o(mito from
clammbon)など国内外の様々なアーティストと共演している。世界的にみても珍しいElectronicaを中心にDJ
PLAYし、原曲に捉われない独自の解釈でジャンルを超えて音を紡いでいく。暖かさ&硬さ、柔剛織り交ぜた音の空間を作り上げ、その独特の世界観には定評がある。近年、EMAF
TOKYO 2013、野外イベント等にも出演しており、昨年、Inter FMで放送されたDJ Mix『A Young Person's
Guide to EMAF TOKYO 2013』が好評を博すなど、様々なカタチでDJ MIXの制作・監修を行っている。Quiet
MomentsのWebサイトで公開されている最新のDJ mix『 Musique Concreat for Quiet Moments
Lovers 』は、5台以上のCDJを同時に使用し、同時に4~5音源を鳴らし、本来この世には存在しないバージョンの音を紡ぎ出す、即興的なLIVEパフォーマンスSoniCouture
LIVE DJ SETで録音されており、美しく不思議なチルアウト Ambient
Electronicaに仕上がっている。これ以外にもインタビュー等の音楽ライティングも行うことがあり、その多彩な活動に期待が寄せられている。

http://www.mophrec.net/

▲Back

9/18(THU)

【Synthesmic #33"】
_毎月第3(木)_

20:00~23:00
☆入場無料 / Entrance FREE
☆宇宙の本読み放題 / Free Cosmic Books and more…

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/699593463455532/

 

LIVE>
go max 剛田 (REXITL/寿肉)

DJ>
qurea (moph records)
Qmico (FOULE/olso)

Performance>
Miss MELON (愛称: メロンちゃん)

Resident DJ>
DJ Emerald

 


************

Synthesizer × Cosmic = Synthesmic
EVERY MONTH 3rd THURSDAY

************

Synthesmic :::
http://synthesmic.tumblr.com/

Photo Archive :::
http://synthesmic-photoz.tumblr.com/

 

___ オリジナルカクテル ___
『真空キッス』]

果てのない宇宙.ビッグバン..宇宙の晴れ上がり... 奇跡の月世界旅行....
浮遊し弾けて くっついて 星の海に紛れ込むGET27号

『アロマトウムカオス』

冷たく佇む力強い重厚な光. 壮大な混沌の渦は儚ささえもまるで永遠の様.

▲Back

9/19(Fri)

BULLET'S presents 【色々あって・・・09 <銀色_SILVER_>】

銀色,シルバー
21:00~5:00
¥1◯◯◯ (1000) with シルバー FOOD

▼イベントページ▼
https://www.facebook.com/events/350708401745605/

LIVE>
◯Seij minus aÇ [セイジマイナサス]
◯REBUSTAPE NoiseElectronicDivision
◯Koppi Mizrahi [コッピ・ミズラヒ]

VOGUE DANCE>
◯Koppi Mizrahi [コッピ・ミズラヒ]
◯Jerrika Mizrahi [ジェリカ・ミズラヒ]
◯Sayuri Mizrahi [サユリ・ミズラヒ]

DJ>
◯シルバールトン aka HiBiKi MaMeShiBa
◯銀閣マキ寺
◯Tek-Roc [空洞]
◯宝生シルバーマン久弥
◯Ginji [Sacrifice]
◯yumeka [OSFC]
◯Wushi 救命丸。○。。
◯次元 the GALAXY
◯ぎんさんぎんさん slv+kon
◯アヤコ・シルベスタ
◯鏡淵:Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]
◯HARRY◯アラザン◯淑蘭。○。。

VJ>◯slv

 

【ネガティヴナイト】、【秘宝館】、【激遅ナイト】に続き、
GORGEでおなじみのHiBiKi MaMeShiBa氏が次々と変名でレギュラー出演しまくっている
ブレッツ企画の月1レギュラーストレンジ系カラーパーティ。
<http://gorge.in/>


元々はインド~ネパール山岳地帯のクラブシーンで生まれ、
低音の強調とタムの連打が生み出す呪術的なグルーブを特徴とするGORGE(ゴルジェ)は、
近年カナダやアルゼンチンでも熱い盛り上がりを見せる、注目の音楽ジャンルだ。
///

毎回「色」をテーマにお送り中。
白→黄色→緑系→ピンク(秘宝館と共催)→虹色→水色の水玉→アースカラー→黒(グラサンデイと共催)→シルバー

各自<銀色やシルバー>を連想させる変名にて登場し、
このテーマをどう選曲に反映させ持ち込んで来るかのセンス合戦!!!!!!!

__タイトル、歌詞、アーティスト名が<銀色やシルバー的>であってもいいし、
 <銀色やシルバー>を思わせるセットならどんな角度からでもOK!______
空間全体が<銀色/シルバー>に変貌するブレッツ内で<銀色/シルバー>な服をまとい、
ひたすら<銀色/シルバーのことを考え、<銀色/シルバー>のものを食べ、<銀色/シルバー>にまみれよう!!!

 

◯Seij minus aÇ [セイジマイナサス]


名称「セイジマイナサス」は「静寂に内在する負次元(の音楽)」 を示唆する。
ジャンル:Aggrotech / Dark Ambient
2ndアルバム:"blacker acuity suddenly diagonal" (リリース予定、ドイツ)。
1stアルバム :"less physical vortex" (2002年、ドイツ)。
2002年、ドイツWave Gotik Treffen 出演。

http://seijminusac.net/http://www.facebook.com/ seijminusac/
http://myspace.com/seijminusac/
http://www.youtube.com/user/ haj000000000
http://mixi.jp/view_community.pl?id=972797

 

◯REBUSTAPE NoiseElectronicDivision


Reelmusiqからの5枚のシングル、ケンイシイやTAITOのインベーダー25周年、そしてシーナ&
ザ・ロケッツのリミックスアルバムへの参加、またJazz界の鬼才Saxプレイヤー、 藤原大輔の実験的プロ
ジェクト「Quartz-Head01」でのライパフォーマン スやアルバムリリースを経た後、潜伏。
2010年 再始動、DJ WADAによるリミックスなどを含め3枚のシングルをデジタルリリースした。 あくまでもテクノイズな悩める41歳。
http://iflyer.tv/ja/artist/32429/#lang

 

◯Koppi Mizrahi [コッピ・ミズラヒ]



ヴォーギングダンサー、講師、DJ、トラックメーカー、MCとして幅広く活動。ヴォーギングチーム「ASIENCE」でスーパーチャンプル出演、TokyoDisney
Sea ボンファイヤーダンス出演。都内を中心にダンスイベントでゲスト出演多数。
味狂(アジクルー)として2007年Tokyo
DanceDelightで特別賞受賞。後にアメリカのゲイカルチャーに足を踏み入れ、ゲイが主体の組織、House
ofMizrahi(ハウスオブミズラヒ)に加入。
現在はMizrahiの日本支部のMotherを担当。
毎年渡米し、アメリカ各地のヴォーギングバトルで優勝経験多数。
東京でVogueingを中心としたバトルイベント、DiscoveryBallをオーガナイズしている。
2012年よりLGBTコミュニティで活動するDJやMCなどが集まったMikeQ率いるレーベル、Qween BeatProductionsに加入。
以来トラック制作やDJの活動も始め、
音楽におけるVogueも世界に向けて発信している。
soundcloudhttp://www.soundcloud.com/koppi-mizrahi
facebookhttps://m.facebook.com/KoppiMizrahi

 

◯Jerrika Mizrahi [ジェリカ・ミズラヒ]


派手な80年代のファッションを中心に、常にカラフルでエキサイティング!!
口パクはもちろん、ダンスでもウォーキングでも常にステージで熱く燃え尽きる。
2013年に大阪のミナミでデビュー。
現在東京で、vogueファミリー「Mizrahi」の日本のメンバーの一員として活躍中。

ダンス暦
・Vogue: 1年
・Jazz/Hip-hop: 2.5年
・パラパラ: 10年
https://www.facebook.com/JerrikaMizrahi

 

◯Sayuri Mizrahi [サユリ・ミズラヒ]

2011年体作りと趣味ではじめたvogueにはまり、
昨年よりMizrahi JAPANの一員として活動。
またvogueチーム八刃(エスパーダ)にてイベントに出演。

 

 

◯シルバールトン aka HiBiKi MaMeShiBa


シルバールトンはマレーシア西部やインドネシアのスマトラ島、ボルネオ島、その近隣の島嶼部などに分布するオナガザル科のサルでDJ/プロデューサー。
 主に内陸の深い森林地帯などに生息しているが、マングローブのある湿地帯や海岸沿いの林など、地域によって多少異なっていて、農園などにも姿を見せる。
 雌雄共に4~5年で性成熟し、飼育下での寿命は20~25年と言われているが、30年を超えたものも報告されている。
 外敵はヒョウやウンピョウ、トラ、ドール、大型のヘビなどが挙げられるが、子どもはビントロングなどに襲われることもあると言われている。
 また、シルバールトンはインドシナ半島からマレー半島、インドネシアのジャワ島などにも分布すると言われているが、近年は森林地帯の開発や破壊などによって生息数は減少している。
 現在、シルバールトンは国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、準絶滅危惧種(NT)としてレッドリストに指定されているが、生息域が重なっているカニクイザルとの競合などもあり、更なる個体数の減少も心配されている。

 

◯銀閣マキ寺


京都の、、

 

◯Tek-Roc [空洞]


東京笹塚Bar空洞サウンドプロデューサー、DJ。
現在、日本で唯一のball『discovery ball』レジデントDJ。
新宿二丁目で開催され、伝説となってしまった『ball』レジデントDJ。
近年グアムに活動の幅を広げ、プレイしている。
プレイスタイルはDEEP~GARAGE~HARDとEDM全般に渡る。
今回はVOGUE中心にプレイ!

 

◯宝生シルバーマン久弥


音楽家でDJ。音楽レーベルでクリエイティブ・チームであるスケープレック東京主宰。 東京ミレナリオ 『Snow
Mail』や愛・地球博2005『地球回廊』など数々のパビリオンの会場音楽から、エコ・カフェ『大手町カフェ』のテーマ曲、100万人のキャンドルナイトのwebサイト『candle
scape』のアンビエントBGMなど幅広く音楽プロデュースを手がける。
2010年に宝生久弥+カクマクシャカ「きみいろ」2011年にアンビエントR&Bとピアノ・ヒップホップの
合流作「君色ノート」を発表。多くのアーティストが参加しアンビエント、チルアウトにこだ わりながらもヒップホップから、うたもの
まで幅広い音楽性を提示した。
2013年、自身 初のアンビエント・アルバム 「AMBIENT I」をリリース。DJとしても『SELECT ZERO電子音楽実験室』の企画出演を行う。
又ラジオDJとしても2012年より自身の地元盛岡のFM局「Radio
Morioka」にて電子音楽、クラブミュージック専門の音楽番組『宝生久弥のSCAPE RADIO』に出演中。
ソロでの活動の他、不特定多数のメンバーからなる『宝生久弥BAND』としても不定期活動中。
2014年夏にはポスト・ダブステップ~チル・ウェーブまで飲み込んだ、アンビエントとビートミュージックを繋ぐ3rdALBUM「Nostal-Asia」を発表。
音楽活動、創作活動の一貫した活動テーマは「生命力」

 

◯Ginji [Sacrifice]


少年期、音楽に強い衝撃と感動を受け、不良への道を踏みとどまる。その可能性を感じ、更正のサポートをするべく自作のミックス・テープの配布を開始する。しかし、行き過ぎた創作欲から本末転倒、地元のラップ・チームに招かれDJを担当することになり、再びドロップアウト。
さまざまなジャンルの音楽を体験した後に大学へと進学。
教授がティモシー・リアリーのような人だったことから、サイケデリックな思想に大きく開眼。比例して社会との歪みも大きく開く。
「人生はどこに向かうのか?そしてそれを知る自体に意味があるのかないのか?」との疑問に駆られ、俄にヒッピー風に傾倒。
ノイズ・音響・ハードコア等をも受け入れるようになり、拡がり過ぎたキャパシティー由来に独自性を増した価値観の人生は本格的に迷走、第二期へと突入。
その後、自宅~DJバーまで、夜な夜なレコードを聴いては流す生活を送り続け、実年齢の何千倍より多くの音楽を知り、実生活とは関係なく、選曲の中だけに人生のヒントが見えるようになった頃、周りにそれを感じる共感者が募り強化され、一層二層と深い溝に想いを寄せて現在に至る、純・無頼徒である。
現在はDJとレコード販売、フライヤーデザイン、VJ等、
パーティに関する活動からいろいろ模索実験中。
---

[Party]
■ "LIFE FORCE" 研究生
■ Spece Design "MIXER" ヴィジュアル担当

LIFE FORCE : http://lifeforce.jp/
MIXER : http://mixer.cc/

■ 第1火曜 八王子 SHeLTeR「旅路」
■ 偶数題3月曜 三軒茶屋 天狗食堂「一夜特濃」
SHeLTeR : http://www.at-shelter.com/
天狗食堂 : http://tengushokudo.com/

■ 映像の印象から選曲を決めるパーティ"SACRIFICE"主催 不定期

[Mixes]
https://soundcloud.com/lifeforce/sets/life-force-radio-observatory
http://days.organicmusic.jp/?eid=523184
http://soundcloud.com/gin-gin/mawimbi
http://alamedapress.info/special/30min-mix-02-ginji/
http://mixer.cc/archives/630

◯yumeka [OSFC]


東京在住、1990年生まれのDJ/Trackmaker
Bass&Houseを軸にジャンル、
新旧問わずメロディアスかつ大胆に織り交ぜる。
最近ではVogueの新しい動きを取り入れたDJで存在感を放っている。
BigbeatとNu-Jazzに影響を受け2009年からDJを始めHouse,BassMusicに傾倒していく。
DJ,TrackMakerのチーム OSFC(OrdinarySuperFamilyComputer)主宰
2010年にインターネットを介し結成されたOSFCは、
加入しているDJが全員異なるジャンルを専門としながら個々が交わり合い高いプレイのクオリティを各々が見せている。

◯Wushi 救命丸。○。。


baby don't cry

◯次元 the GALAXY

 

◯ぎんさんぎんさん slv+kon


明治25年に結成
シルバー世代の人気を獲得するべくご長寿系DJユニットして活動中
好物は白身魚とフライドチキン

◯アヤコ・シルベスタ


◯鏡淵:Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]


◯HARRY◯アラザン◯淑蘭。○。。


NOT JINTAN.

▲Back

9/20 (Sat)

((( SECOND LOUNGE )))

19:00~LATE
●●●エントランスフリー●●●


DJ>
◯dj calcium aka DADADA. [BaaakBonkdom / Cockroacheee’z]
セカンド・HARRY◎
。。。。。。。。。。。more!

▶▶▶ボードゲーム/各種ゲームあり◀◀◀

▶▶▶セカンドラウンジだけの、フリードリンクシステムあり!◀◀◀
個人個人のお時間に合わせた、フリードリンクプラン、是非御利用下さい!

<< 2H= ¥3000 >>
or
<< 1H= ¥2000 >>

●ブレッツは、FOODやHOT DRINKも充実しています●
________ FOOD MENU _________
・カレーライス [Green,Red,Yellow] ____¥800
・オムライス ______________¥800
・牛丼 _________________ ¥600
・パスタ [アラビアータ,カルボナーラ] ___¥800
・ピザ _________________ ¥800
・フライドポテト_____________¥700
・トルティーヤチップス&サルサ______¥600
・オリ-ヴ&ピクルス___________¥600
・ミックスナッツ_____________¥500
・ミックスチョコレート__________¥500
・干し芋_________________¥300
・ スープwithクラッカー__________¥500
[ミネストローネ,クラムチャウダー.コーンクリーム]
・ドライスナック [サラミ,イカ薫,マンゴー] _¥300

______ HOT DRINK MENU ______
・コーヒー _______________¥500
・紅茶 _________________¥500
・チャイ ________________¥500
・ホットミルク _____________¥500
・ジャスミンティ ____________¥500
・グリーンティ _____________¥500
・フレイバーティ [ハーブetc…]______¥500
・ココア ________________¥500
・ハニーレモン _____________¥500

<アイスでももちろんOK!>

 

▲Back

9/21(日)

【power550】

13:30〜21:30
¥1500(1D)

ACT>
butaji
10,10,10
Chic Alien
...and More

Youtube動画会アリ!

講義>
・Ardinoを用いたプログラミング講座(仮) (@wwwsalzcom)
・セクシャリティ論(仮) (@roypeaul)
・フラクタル、表面積、情報について (@unchi_tokyo)
・映画監督・増村保造(予定)(@pigamo_dayo)
・ヘラクレイトスの思想(仮) (@m0zart_)
・筋トレ

http://www.101010.jp/power/power5

POWERの550回目を記念する本イベントは、
音楽組の成熟を祝いミニライブを交えつつ、
文学組、技術組のさらなる活性化を目的として講義、議論を行う。 
本イベントを以ってPOWERは思想的に発進する。 見学者募集

▲Back

9/23(Tue)holiday

【分解系なお茶会】 __奇数月第4(火)__

ELECTRONICA,AMBIENT
19:00~23:00
●●●エントランスフリー●●●

LIVE>
Phasma
fuyuru0

お茶会幹事 兼DJs >
Naohiro Yako (Bunkai-Kei records)
Pakchee (Hz-records)

★デモ音源発表会タイム開催★
どなたでも持ち込み可能で20秒のデモから1曲まるまるまで、
エレクトロニカ・アンビエント・IDMといったジャンルでの曲の持ち込み発表を行います。
分解系レコーズ陣やHz-records陣、視聴するお客さんまで皆様で意見交換を行い、
お互いの楽曲制作の糧にしたり、リリースしたいネットレーベル主宰様はその場でオファーしたりといった、有意義な空間を作れたら本望です。
どなたでもこぞって音源データ、またはCD、またはiPodなどでお持ち込みください。音源持ち込みで参加される方は当日に担当の者までお声掛けください。
お待ちしております。
Bunkai-Kei records
http://bunkai-kei.com
https://twitter.com/bunkaikei
Hz-records
http://www.hz-records.com/
https://twitter.com/hz_records

▲Back

9/24(WED)

【そこにある日々】__毎月第4(水)__

HOUSE 
18:30~23:00
 ●●●エントランスフリー●●●

DJ>
mayumix
masai
agio
takechonbo
......................and more

▲Back

9/26(SAT)

((( SECOND LOUNGE )))

19:00~LATE
●●●エントランスフリー●●●

DJ>
STEL LUB
セカンド・HARRY◎
。。。。。。。。。。。more!

 

▶▶▶ボードゲーム/各種ゲームあり◀◀◀

▶▶▶セカンドラウンジだけの、フリードリンクシステムあり!◀◀◀
個人個人のお時間に合わせた、フリードリンクプラン、是非御利用下さい!
<< 2H= ¥3000 >>
or
<< 1H= ¥2000 >>

 

●ブレッツは、FOODやHOT DRINKも充実しています●
________ FOOD MENU _________
・カレーライス [Green,Red,Yellow] ____¥800
・オムライス ______________¥800
・牛丼 _________________ ¥600
・パスタ [アラビアータ,カルボナーラ] ___¥800
・ピザ _________________ ¥800
・フライドポテト_____________¥700
・トルティーヤチップス&サルサ______¥600
・オリ-ヴ&ピクルス___________¥600
・ミックスナッツ_____________¥500
・ミックスチョコレート__________¥500
・干し芋_________________¥300
・ スープwithクラッカー__________¥500
[ミネストローネ,クラムチャウダー.コーンクリーム]
・ドライスナック [サラミ,イカ薫,マンゴー] _¥300

______ HOT DRINK MENU ______
・コーヒー _______________¥500
・紅茶 _________________¥500
・チャイ ________________¥500
・ホットミルク _____________¥500
・ジャスミンティ ____________¥500
・グリーンティ _____________¥500
・フレイバーティ [ハーブetc…]______¥500
・ココア ________________¥500
・ハニーレモン _____________¥500
<アイスでももちろんOK!>

▲Back

9/27(Sat)

【μ'sic party vs B_INDER】

アニメソング
23:30~6:00
¥2000(1D)

DJ>
DJ Jun
DJ Gyaran
ラウル
とんとん
かっちゃん
いちごおれ
浮浪
あつし

VJ>
sinker

▲Back

10/1(WED)

【valvelounge】

__ LAST ___

ALL
19:00~23:00
●●●エントランスフリー●●●

◀Kazuki Muraoka [Adapt Records]
▲Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]
............................................... and more

DJ×DJ×DJ 三本の線が交錯し、拡散する。
http://valvelounge.tumblr.com/

◀Kazuki Muraoka [Adapt Records]
北海道札幌市出身、神奈川県在住。
Adapt Records主宰。
インストゥルメンタルバンドの活動を経てコンピューターミュージックへ転向。
90年代のTechno,
Hip-Hop,
Noiseなどに影響を受けダンスミュージックを独自の視点から解釈。アナログ機材、自作ソフトウェア等を使用し様々なサウンドをコラージュする。
2013年にアナログEPをリリース。
関東を中心に、札幌、大阪などでも活動を行う。

Adapt Records :
http://adaptrecords.com/
Soundcloud :
https://soundcloud.com/kazuki-muraoka

 

▲Takeshi Kagamifuchi [Hz-records]
東京在住。
幼少時にバイオリンをはじめ、後にギタリストとしてアーティスト活動を開始。
自身が参加するバンドへのコンピュータ導入をきっかけに、
2007年から電子音楽の制作を始める。
“無機物が有機的に織り成す空間”をコンセプトに、ストイックであり微細な生命を感じるトラックを手掛ける。
DJとしても稀に活動している。

http://www.hz-records.com/

【VALVE LOUNGE】毎月第1(水)を
Kazuki Muraoka[Adapt Records] と共に主催。
http://valvelounge.tumblr.com/

現在、ブレッツ15周年イヤー、フリーダウンロードコンピレーション企画に
▼▼▼9月アーティスト▼▼▼ として参加中。
https://soundcloud.com/bullets-nishiazabu

▲Back

10/2(THU)

tapestok records presents
【Cafe de mol chein】__ 毎月第1(木)

 IDOL LIVE!
20:00~23:00
入場無料

LIVE>
もるも もる
ドュマーシュリエ

DJ>
もるも もる
vivid jas (亜良陽人)

■もるも もる
ノン・プロモーションにも関わらずサウンドクラウドにアップした音源だけで噂が噂を呼び、普通のかわいい女の子が韻を踏みまくる本格的なラップをするというスタンスで、アイドル・ファンのみならずファンを増やし続けている3.5次元アイドル・ラッパー"もるも
もる"。音源の購入が、都内で開催されるイベント時に販売されるEPのみだった彼女が満を持して初の全国配信リリース。

>>もるも もる OFFICIAL HP
http://ameblo.jp/molmomol/

■亜良陽人
or milk、vivid jas、bounceの3人の細胞を抽出して作られた
謎のプロデューサー(サイボーグ)。
カエルじゃないよ!

>>TAPESTOK RECORDS OFFICIAL HP
http://tapestokrecords.com/

 

▲Back

10/5(Sun)

【有頂天DISCO】

16:00〜20:00

DJ>T.B.A

▲Back

10/18(sat)

Spectacle vol.2

open / start 15:00
adv. / door 2,700yen (inc. 1 drink)

[EUROPE]
Christoph Heemann (Germany)
High Wolf (France)
Chicaloyoh (France)
Mesmer (Switzerland)
Agnes Hvizdalek & Harald Fetveit (Norway)
Mett (Norway)

[JAPAN]
Kazuma Kubota
Reizen
Taishin
Hakobune
DJ Y. Shirakura

 

▲Back